小説 「ちょっとした遠足」    その11

           その11

正樹は歩きながらいろいろなことを思いました。清ちゃんが具合悪くなるじゃないかなということはこの遠足をみんながやろうかと言いだしたころから正樹はなんとなく予想していました。たぶん他の子もそのように思っていたのだろうと正樹は思いました。でもみんなはそのことを口に出さず、仕草にも出さなかったのです。清ちゃんは他の子よりほんの少しだけ、ちょっとだけ常日頃の動さが遅いし、ほんの少しだけ、ちょっとだけ小太りで汗かきだし、体育の時間でも体調が悪くて途中から休むこともあったのです。だから朝とはいえ夏のこの時期の遠足でははやり気分が悪くなるかもしれないとは誰でもそう思っていました。
でもみんな仲良しでした。清ちゃんはほんの少しだけ目が小さいほうだし、ほんの少しだけずんぐりむっくりしていてスタイルがいいほうではなかったのですけど、でも・・・愛嬌があって悪気がなくて優しくて、みんなから、そしてクラスでも、先生たちからもかわいがられていたのです。人気者でした。だからみんな何かあっても清ちゃんをサポートしてあげようと声には出さなかったけれどお互いそう思っていたことを分かり合えていたのです。すばらしいことだな、って正樹はいまさらながらそう思うのでした。清ちゃんを大事にしてあげようと思いました。仲間なんだからね。

清ちゃんは辛そうでしたけど、だけどようやくJA倉本までたどり着くことができました。JA倉本の建物の前はやや広い敷地があって大きな木が木陰をつくっていてベンチが2つおいてありました。清ちゃんは倒れこむようにしてベンチに座りました。やれやれ・・・。ベンチがあってよかった。

「水よりもスポーツドリンクのほうがいいそうだよ。熱中症になんかには特にいいそうだ。あそこの自動販売機で買ってくるね」と篠田君が買いに行きました。
「はい、これ飲んでみたら」篠田君が買ってきたスポーツドリンクを清ちゃんに勧めました。
「ありがとう。私迷惑かけちゃったね」と清ちゃんが元気なさそうです。
「そんなことないよ。特別なことじゃないから。こういうことはよくあることだし、清ちゃんも歩けるんだし、気にしない、気にしない」と橋本さんが元気づけています。
「ありがとう」
「それと何か食べた方がいいということも聞いてる。少しだけね。なにか持ってきてる。あ、当然持ってきてるよね、清ちゃんだもの」と笑いながら篠田君が言いました。
「冗談だよ」と篠田君が言い訳してます。
「うん、ビスケット持ってきてある」と清ちゃんがリュックから取り出して1、2枚口にしました。

戸川君がおどけて「写真撮りま~す」と言ってカメラを構えましたが、「でもやめておくね」
と言ってやめましたが、橋本さんが「もう、冗談やめてよね」と怒ったふりをしました。

他のみんなも水を飲んだりお菓子を食べたりしてます。15分の休憩はちょうどいい長さでしょうかね。

「君たち、何してるの」とJAから出てきた女性の職員が興味深そうに訊ねました。
「坂之上公園まで歩いているんです」と正樹が答えた。
「子供たちだけで?」
「はい」
「気を付けてよ。だけどこの暑いのに、子供は平気ね。へぇ~、そうなんだ」と言いながら建物の中に戻っていきました。

           つづく

スポンサーサイト

お墓参りで

一昨日2月22日はおだやかな日でしたのでお墓参りに行ってきました。ほぼ1月に1回の割合です。前回は1月28日でした。
ドライブとか花の写真を写すとかの楽しみにもなってきました。


お墓のそばのビワの木も撮ってきましたが前回とあまり変化がなかったです。
ビワ 2017 2 22 白洲町 1 IMG_7657
残念ながら実になりそうもありません。一つ取って割ってみたのですがなにもありません。単なる花後の花殻のようです。しかしいまだに落下せずしっかりと付いているのもちょっと不思議ではありますが。




ガマの穂
ガマの穂 2017 2 22 白洲町 1 IMG_7660
前回よりばらけてきています。




クローズアップ
ガマ 2017 2 22 白洲町 穂 綿 3 IMG_7687
小さい、約1mmの果実がたくさんです。風に乗って飛び出していってるようですね。
一つの果実を取り出して撮ってみたらよかったと後悔してます。





セイタカアワダチソウも
セイタカアワダチソウ 2017 2 22 白洲町 穂 1 IMG_7671
前回よりかなり綿毛が減ってきてやや貧相に見えます。




ロウバイは花後になってみすぼらしくなっていて実もはっきりしませんでしたので撮影はパスしました。

近くにはナズナが咲いていました。
ナズナ 2017 2 22 白洲町 花 1 IMG_7679
全体にぼやけた写真になってしまってますが。
アブらしき虫が写っています。




ホトケノザも
ホトケノザ 2017 2 22 白洲町 花 1 IMG_7645




もう1枚。近づいて。
ホトケノザ 2017 2 22 白洲町 花 2  IMG_7646





オオイヌノフグリも
オオイヌノフグリ 2017 2 22 白洲町 花 2 IMG_7622
なんだか犬が笑っているような・・・。青いおしべが目のように見えます。





オオイヌノフグリの若い茎
オオイヌノフグリ 2017 2 22 白洲町 茎頂 1 IMG_7627
きれいな緑です。




こういう花たちを見ると春はもう近くに来ているようですね。
ホトケノザづくしを次回にアップしたいと思っています。

小説 「ちょっとした遠足」    その10

           その10

「ちょっと休む?」と橋本さんが清ちゃんに訊きました。
清ちゃんは小さく頷きました。
橋本さんは笛を取り出してピッと鳴らしました。みんなが足を止めてこちらに振り向きました。先頭にいた篠田君が小走りに二人のところに戻ってきました。
「どうしたの?」
「清ちゃん、ちょっと具合が悪そうなの。休んだほうがいいと思うの」と橋本さんが篠田君に説明しました。
「立ってられない?」篠田君が心配そうに聞きました。
「それほどでもないけど」と清ちゃんが答えました。
「そうか、そこの街路樹の陰でちょっと休んでもらおうか」
「そうね」と橋本さんが答えて「清ちゃん、こっち。陰のほうが少しはましよ。ヘルメット脱ごうか」
「どのくらい休む?」と篠田君が橋本さんに訊きました。
「そうね、どうかなぁ。5分ぐらいは休んだ方がいいかもしれない。どう?5分ぐらいでいい?」清ちゃんに訊きました。
「そのぐらいで大丈夫」と清ちゃんが頷きました。
篠田君はみんなに「めいめい街路樹の陰で少し休んでください。清ちゃんがちょっと具合が悪そうなんだ。5分程度です」と大きな声でみんなに頼みました。
「JAはここから4、5分のとこにあるんだ。だからそこまで行けたら休憩できるからね」
篠田君は橋本さんと清ちゃんに言いました。
「ごめんね」清ちゃんが申し訳なさそうに言いました。
「水筒の水飲んだ方がいいよ。それに保冷剤出してさ、顔とか冷やそうよ」と清ちゃんに橋本さんが言いました。
「うん」と言って清ちゃんはリュックを肩から外して、中から水筒と保冷剤を取り出しました。水筒は魔法瓶タイプのもので清ちゃんはおいしそうに冷たい水を飲み保冷剤で額とか頬とかを冷やしました。橋本さんは「首筋の後ろがこういうときはいいんだよ」と清ちゃんから保冷剤を受け取って首筋の後ろにあてがいました。
「ありがとう。冷たくて気持ちいい」
「太ももとか膝の下も濡れタオルで拭くといいんだよ」と篠田君が言いました。
「あ、そうなんだ、清ちゃんそうしたら?」
篠田君と橋本さんはいろいろと清ちゃんの世話をしています。おかげで清ちゃんは少し顔の赤みが薄くなってきて、ちょっと息苦しそうだったのが良くなったようです。
「私も水を飲もう。篠田君も飲んだ方がいいよ」と橋本さんが言いました。

それから5分ほど経ってから篠田君が清ちゃんに訊きました。
「どう、具合は?歩けそうかな?」
「たぶん、大丈夫。歩ける」と清ちゃんが答えました。
篠田君が橋本さんに「どうかな、清ちゃん歩けると言ってるけど」
「大分よさそうだし、歩いてみましよう。でもすこしゆっくりね」と橋本さんが答えた。
篠田君は元の先頭に戻り笛を鳴らして「また歩きま~す」と言いました。
みんなは再びでもゆっくりと歩き始めました。

           つづく

白梅 

先日16日は快晴で無風、とても暖かい日でした。もしかしたら一昨年(2014年2月19日)写真に撮ったことのある白梅を撮れるのではないかと出かけました。あれを撮りに行こうという行動は僕には珍しいことです(笑)。
幸運にもちょうど良い咲き具合でした。


道脇に数本、そしてその近くの神社脇にも数本咲いていました。梅には花見の梅(香梅)と梅の実を利用する成梅との2種類があるということは一昨年コメントで教えてもらったことでした。
撮った梅は成梅です。

白梅 2017 2 16 和合町 7 7585
ほぼ満開かも。つぼみもあります。9分咲き?
梅はしべが目立ちますね。




白梅 2017 2 16 和合町 8 7589
空の青とウメの花の白が際立っていてきれいでしたぁ。




白梅 2017 2 16 和合町 5 7590
これも空の青と白梅の花が対照的できれいでした。





白梅 2017 2 16 和合町 6  7581
行儀よく並んだ花たちです。




梅一輪
白梅 2017 2 16 和合町 4 7564
陽射しが強すぎて撮りづらかったです。
おしべは50本ほどあるそうですが。たくさんのおしべに隠れてめしべがわからない。




  梅一輪一輪ほどのあたたかさ    服部嵐雪

これは有名な句ですね。
ちょっと変化をねらって作りました↓
  
  梅一輪 咲き始めの寒さかな    ゆたか

梅は咲いていても、特に咲き始めのころはだいたいは風が冷たい日がおおいですよね。まだまだ冬の寒さで春とは言えません。
今日も風が冷たかったですね。


みなさんもご自愛のほど・・・。


冬の実 冬の花

今日の写真はそれほどのものでもないのですけど一応撮ってきてあったのでアップします。


冬の実 キヅタの実  佐鳴湖北岸湖畔
キヅタ 2017 2 9 佐鳴湖東岸 中景 1 7538
たくさんの実がなっていました。冬でも元気いっぱいです。以前にも撮ったことがある株です。




近寄って
キヅタ 2017 2 15 佐鳴湖東岸 実 アップ 7526
2014年に撮ったときには虫えいがあったのですけど、今回はなかったようです。





冬の花 サザンカ  冬の寒さはなんのその きれいに咲いていました。
サザンカ 2017 2 8 佐鳴湖東岸 花 八重 1 7545




もう一枚
サザンカ 2017 2 8 佐鳴湖東岸 花 八重 2 7549


寒さをなんとかやり過ごしたいですね。



小説 「ちょっとした遠足」    その9

          その9

歩き始めた子供たちに見送りの家族が手を振っています。
「いってらっしゃ~い」
「気を付けてねぇ~」
「がんばってぇ~」
歩いている子供たちもときどきふり返って手を振ったりしています。
「いってきまぁ~す」

住宅街のなかの道を子供たちはしっかりとそして2mの間隔をあけて整然と歩いています。
角を曲がるともう見送りの家族も見えなくなりました。みんなの顔から笑顔が消え真面目な顔になりました。ちょっと緊張してるようです。

やがてバス通りにもなっている表通りに出ました。土曜日なので車の数が少ないですし、歩いている人も少ないので、歩道は狭いとこもありますが、子供たちは歩きやすそうです。
でも朝とはいえ夏の日差しが強くてみんなの斜め向かいから照らしているのでもう顔が赤くなって汗をかいている子もいます。篠田君はみんなの歩き具合を見て先頭としての歩く速度をちゃんと調節しているようです。篠田君はリーダーに適役です。
お互いしゃべりたいけど2mの間隔があるのでそうは話しかけれらません。なんとなく間が持たないような淋しいような気もしますが、この方が安全なのですね。ときどき歩く人とすれ違ったり、急いで追い抜いていく人もいますが、子供たちが邪魔になるようなこともなく、また逆に通る人たちが子供たちの邪魔になったりすることが今のところありません。
車を運転している人や歩いている人のなかには、子供たちの列をちょっと物珍しそうに見ている人もいます。
自転車で歩道を走る人がいてちょっと気になります。子供たちとすれ違ったり追い抜くときには自転車から降りるとかゆっくり走るとかして欲しいのですが、そこまでする人はいないようで、子供たちのほうがよけています。

交差点に来ました。篠田君は信号が青だろうが赤だろうが一旦止まってみんなが交差点に来るまで待っています。全員がそろったときに青なら信号を渡りますが赤なら青になるまでみんなで待っています。青だけど黄色になりかけのときに篠田君が急いで信号を渡ってしまうと後ろのほうが渡れないかもしれません。黄色になってあわてて走って信号を渡ろうとする人もいるだろうし、安全の点で問題がありますからね。篠田君の配慮は素晴らしい。これもたぶん篠田君のお父さんのアドバイスでしょうね。

信号を渡ってから再び歩き始める前に橋本さんがみんなに言いました。
「暑いし汗もかいてるようですから濡れタオルを出しましようか」
みんなはリュックから濡れタオルを出して顔を拭いたり腕を拭いたりして少しだけひと息ついたようです。橋本さんもよく気が付きます。

しかしそれから15分ぐらいしてから清ちゃんの歩く様子がおかしくなりました。前を行く戸川君から遅れ始めました。濡れタオルを使ってはいますが顔が真っ赤で顔とか腕とかの汗がひどく、元気ありません。清ちゃんと並んだ橋本さんが声をかけました。
「清ちゃん、大丈夫?」

           つづく

自費出版しました


このほどこれまで書き溜めていた詩とか小説を本にして自費出版いたしました。主に2001年から2003年にかけて書いた作品です。HPに掲載していたものですけど本として残したくなったのです。発行日は2月1日です。
本のサイズはA5判 上製本です。お金の無駄遣いになってしまいましたけど。
定価が印刷されていませんので、現在は実質非売品となりますけど。書店には並んでません。

表紙
ゆたかの文芸 表紙 1 2017 2 9



目次 1ページ目
ゆたかの文芸 目次 1 2017 2 9


目次 2ページ目
ゆたかの文芸 目次 2 2017 2 9

作品例 36ページに掲載した ショパン作曲 エチュード 第11番 木枯らし
ゆたかの文芸 目次 作品例 木枯らし 1 2017 2 9
「木枯らし」を聴いて頭に浮かんできた言葉を詩にしたものです。




売ることを考えて作ったわけではありません。今のところ親戚とか知人に配ってはいるのですけど。でも大それたことですが、アマゾンのマーケットプレイスの小口出品で頼もうかとも思っているのです(大胆だぁ!)。しかし手続きが難しそう。そしてその際には値段を付けなければなりませんがこれもまた難しそうですね。買ってくれる人がいるかどうかそれもわからない状態です。
どうなることやら・・・。止めといた方がいいなかぁ。どうかなぁ。





小説 「ちょっとした遠足」    その8

          その8

「じゃ、これで殆どいいわよね」と橋本さんが言った。
「そうだね、あさっての朝。みんな遅刻しないでね」と篠田君が言った。
「じゃ、これまでに決まったことをまたパソコンに入力してプリントアウトするけど。みんな取りに来てくれるといいんだけど」と正樹が言った。
「わかった。取りに行くから」
「ありがとう」
「じゃね。あさっての朝ね」
「じゃねぇ」
みんなが帰っていく。みんなの目がこころなしか輝いているようです。


さて、いよいよその翌々日の朝になりました。空は真っ青な夏の空です。もうすでに暑くて、ちょっと大変そうです。出発時刻は8時半ですが、8時過ぎにはつぎつぎと篠田君の家の前に集まってきました。子供たちだけでなくお母さんたちやきょうだいも来ていて賑やかです。篠田君のお父さんも来て、篠田君に何か言ってます。子供たちは少し興奮気味で声が大きいです。何事かという感じで外に出て見ている近所の人がいます。
お母さん方が篠田君や橋本さんに「お願いしますね」などと声をかけています。
戸川君がそんな様子をカメラで撮っています。
「わたしも一緒に行きたい」と橋本さんに話しかけている女の子がいます。橋本さんの妹さんのようです。
「みんな来たかな」と篠田君が一人一人確かめていますが、どうも清ちゃんがまだみたいですねぇ。
「清ちゃんがまだだよ」
「あは、やはりね。遅れそうだね、清ちゃん」と正樹が言う。
「予想通りかな」と高橋君が苦笑しながら言う。
「じゃ、清ちゃんがまだだけど順番に並んでください」とリーダー役の篠田君がみんなに声をかけた。

出発の8時半を少し過ぎたころに清ちゃんと清ちゃんのお母さんが小走りでやってきました。
「すみません、遅れて。忘れ物がないかいろいろみていたら時間がきてしまって」とお母さん。そして心配そうに清ちゃんにいろいろと話しかけています。
「みんなに迷惑かけないようにね」
「大丈夫だって」と清ちゃんが面倒くさそうに言ってます。

「では出発しまぁ~す。行ってきます」と篠田君が笛を短く鳴らしました。
「ちょっと待って。出発の歩き始めを撮ります」カメラマン役の戸川君が言った。
「あ、そうだね。ちょっと待ってね。みんな」篠田君がストップをかけました。戸川君が列に並んだみんなを撮りました。
「戸川君、列に入って」と正樹が戸川君が列に入った写真を撮ってあげてます。さすが正樹、よく気が付きます。
「サンキュー」戸川君が正樹に礼を言いました。
「じゃ、いいかな。しゅっぱ~つ。ピーー」と篠田君が笛を吹きました。
「いってきま~す」とみんなが親たちに言って歩き始めました。さぁいよいよ遠足が始まりました。

            つづく

プロフィール

Author:ゆたか
「ゆたかのブログ 2」へようこそ!
72歳 男 浜松市在住
病身なので更新は時々です

訪問者 カウンター

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

ブログ村

人気ブログランキング