小説 「エメラルドの首飾り」  その2

          その2

ウェートレスがビールを持ってきた。一口、二口。「あぁ、冷たくてうまい。生き返る」

しばらくしてさっきのウェートレスが料理を運んできた。
「お待ちどうさまでした。カキフライ定食です。ごゆっくりどうぞ」レシートを置いて去っていった。
カキフライのいい匂いがする。おなかを空かせた達哉にはご馳走だ。フライの程度が良くていい色をしている。レモン汁をかけてからジューシーなカキを口のなかで味わう。「うまいなぁ」ここのカキフライは大粒なのが5ケ出されてくる。3ケでは少なくて物足りないし7ケでは多すぎる。盛り合わせのキャベツの千切りがたくさん添えてあってこれもうれしい。キャベツには達哉の好みのタルタルソースがかけてある。
仕事の疲れを忘れさせてくれる。

今日は仕事の進み具合が思ったより少し良かったせいもあってのんびりできる。食べ終えてからなにもせずぼぉーっとしていた。いい気分だ。
ウェートレスがやってきて「お下げしてよろしいでしょうか」「うん」「コーヒー頼みます」「はい」

コーヒーを飲みながら駅の売店で買ったタブロイドの夕刊を読む。相変わらずイギリス王室のダイアナ妃のことが大きな記事で出ている。パパラッチが撮った彼女の写真も載っている。理性的で賢いイギリス国民と思われているけども結局あんまり変わらないレベルなんだなぁと思う。いいかげんそっとしてやればいいのにね。

時々顔を上げて窓の外を見る。歩道を家路を急ぐ人が横切る。通りは狭いけれど車が通る。通勤用の車か出迎えの車か。その向こうにブティックの洒落たショーウインドーに明るく照らされたマネキンが思い思いのポーズを取ってじっとしている。当たり前だね。マネキンなんだから。思い思いのというのもおかしいか。でもそういう風に見えてしまうね。

横の席に若い女が座った。こんな店に若い女が一人で食事をするのはあまり見かけないなぁ。頭はボブカットで薄いクリーム色の半袖のブラウスを着ている。近寄ったウェートレスになにか食事を注文しているようだ。

僕は見るとはなしに観察していた。

          つづく
スポンサーサイト

湯谷温泉 一泊 一人旅  その2

今日は湯谷温泉での旅気分の2回目です。

湯谷温泉駅に着いたのは4時まえ。お風呂に入る前にちょっと散歩。といっても山道を歩けないので近くのつり橋まで。
つり橋までの途中の眺め  川の流れです   川は宇連川(うれかわ)という名前です
宇連川 瀬 1 2017 6 13 湯谷温泉 P1000149
4時過ぎなので明るさがもうひとつでしょうか。




つり橋  大きくはないですけど
つり橋 宇連川 1 2017 6 13 湯谷温泉 P1000140
まったく揺れませんでした。怖くなかった。





つり橋から下流側の眺め
宇連川 下流側 つり橋から 2017 6 13 湯谷温泉 P1000141
空がきれいに映りこんでいますが。映り込みのほうがきれいだという写真です^^; カメラのせいか。設定の不十分さなのか?
瀬音がかなりあり夜寝ているとき少し気になりました。




つり橋から 上流側
宇連川 上流側 つり橋から 2 2017 6 13 湯谷温泉 P1000147
雨が少なく晴れていることが多い最近ですけど、水量はそこそこ豊富のように思えました。



散歩から帰って露天風呂。やや熱めでゆっくり入っていられなかった。最近は風呂の温度がどこも熱いですね。僕が若いころは逆に温泉はぬるめでした。

さて楽しみの夕食 食事処で4人席を独り占めでした。お品書きです
お品書き 1 2017 6 13 湯谷温泉 P1000150




前菜夕食 前菜 1 湯の風 2017 6 13 P1000151
それぞれおいしかったし、器もきれいでした。




お造りの代わりに出してもらった段戸牛のローストビーフ(って言うのですよね)
夕食 段戸牛のローストビーフ 1 湯谷温泉 2017 6 13 P1000154
ローストビーフをほとんど食べたことがないので。というより故あってあまり牛肉料理は食べたことがない(ま、貧乏ということもあるのですが)



台物
夕食 とり団子煮 1 湯谷温泉 2017 6 13 P1000155
僕向きに言えば鳥の団子煮です。




アユの塩焼きと唐揚げをまとめて夕食 アユ料理 1 湯谷温泉 2017 6 13 P1000153
写真を撮るより食べる方に気持ちがいっていて写真は二の次です。いつものことですが。
奥にあるのが唐揚げ。これがまたことに美味しかったです。



これなんだろ夕食 モロコシ豆腐 1 湯谷温泉 2017 6 13 P1000156
給仕してくれた人に聞いてはいたのですが記憶力が低下していて覚えてない^^;  
しかし美味しかったには違いはないのですが。
蒸しチーズケーキではないかというアドバイスを頂きました。あぁ、そうかもしれませんね。(←20日火曜日追記

どれもみんな僕向きの薄味で美味しかったです。行って良かったぁ(^-^)/


以下は湯谷温泉の旅と直接関係ありませんのでお読みにならずスルーされてけっこうです。お時間のある方はどうぞお読みください。
〔蛇足・横道〕
お造りの代わりの段戸牛のローストビーフのことに関係して「段戸」とは愛知県のこの付近の山「段戸山」のことですけど、しかし僕はこの名前「段戸」は知っていました。給仕の人に段戸牛だといわれてすぐにわかりました。
というのも「ダンドボロギク」という野草があるのです。以前仙台に住んでいたときベランダに自然に生えてきたのです。最初は何かなぁと思って経過観察して花が咲き実ができるまでそのままにしていました。花が咲いて「ダンドボロギク」だと分かりました。高さは1mぐらいになって大型の野草です。
そしてこれはなんと帰化植物なんですねぇ。1933年ごろに段戸山で確認されたということです。帰化植物が愛知県の山奥で初めて確認されたというのも少々妙と言えば妙です。外国から入ってきたのに海岸とか港近くとか農耕地のあたりで確認されなかったことですからね。そして北国の仙台のベランダに生えてきたというのも面白いです。↓は2006年の撮影です。ダンドボロギク 1 仙台 ベランダ  2006 8 22
奇縁といえば奇縁ですねぇ。
以上野草好きのゆたからしい蛇足でした。



長い記事をお読みいただきありがとうございました。



プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
「ゆたかのブログ 2」へようこそ!
72歳 男 浜松市在住
病身なので更新は時々です。
なお植物の写真を載せていますがとにかく素人なので植物の名前は正確とは言えません。
小説も書くこともあります。
よろしくお願いいたします。

訪問者 カウンター

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

ブログ村

人気ブログランキング