スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯谷温泉 一泊 一人旅  その3 最終回

さて昨日は重要なことを書きませんでした。蛍です。おお、蛍だよ、蛍はどうした?
夕食後8時半ごろに蛍狩りにマイクロバスでその場所まで運んでもらいました。けっこう時間がかかって20分ほどでした。「はい、ここです」。「え?ここ」蛍が飛んでるようには見えないのです。
降りてからしばらくしてようやく「お、蛍だ」というほどのものでした。そうですね数えるというのは難しいですが、川に沿って50mぐらい川側と道の反対の山側とを合わせて100匹?200匹?ほどでしたでしょうか。ま、こんなもんか。蛍狩りというほどのものではなかったかなぁ。僕の子供の頃を思い出すともう乱舞というのが当たっているぐらいたくさんの蛍でした。どうしてもそれと比べてしまいます。しかたないですね。減った原因はやはり農薬をはじめとした環境汚染だそうです。
蛍 2 湯谷温泉 2017 6 13 P1000166な、なんだ、この写真は。何も写ってないではないですか。
はい、そうですね。でもよく見ると小さな点が二つ、つまり2匹ほど写ってはいるのです。これでご容赦を。
蛍の光自体弱いですし、新しいカメラで設定ができてないせいもあって写っているだけでもよしとしなければ。

蛍はゲンジボタルでした。強い(ヘイケボタルに比べて)光と緑っぽい色が特徴でしょうか。
写真は大いに不満でしたが、でも見られてよかったです。



翌日
翌日の朝食です。
湯の風 朝食 1 湯の風 2017 6 14 P1000177
右上のものは台物というのだそうですが、麩の甘辛煮でした。左上はアユの一夜干しを焼いたものです。これがまた美味しかった。昨夜のアユの塩焼きとか唐揚げもおいしかったですがそれよりもさらにおいしかった。軽くてかりかりと頭もおいしくいただきました。ご馳走さま。




朝食を食べているときも右を向けば
眺め 朝食 1 湯谷温泉 2017 6 13 P1000152
新緑を楽しめました。




帰りのコースの目についたのいくつか
湯谷温泉駅のかっての駅舎
湯谷温泉駅 駅舎 1 湯谷温泉 2017 6 14 P1000181
湯谷温泉駅は現在は無人駅。ここに写っている建物は使用されてません。かっては駅舎兼売店兼宿泊施設だったのこと。湯谷温泉は売りにすることが少なくて、あまり客が来ないのかも。





山の新緑(車窓から)
山の新緑 1 湯谷温泉 20176 13 P1000184
もう少し緑がきれいに写っていたらなぁ。



山から里に下ってきて水田が見えました。田植えをしてからそう日にちは経っていないと思います(車窓から)
水田 車窓から 湯谷温泉 20176 13 P1000190
子供の頃は水田に囲まれた1軒家でしたから、水田を見ると懐かしさを覚えます。





湯谷温泉駅から豊橋駅まで飯田線で。豊橋からJRで浜松へ。
豊橋駅は名鉄も乗り入れていて一つのホームを飯田線と名鉄線とが共用しています。
右が名鉄、左がJRです。相互乗り入れというのは普通にありますけれど、一つのホームを共用しているのは珍しいでしょうか。
豊橋駅ホーム 1 豊橋駅にて 2017 6 13 P1000131



豊橋から浜松までJR普通電車
浜名大橋(車窓から)浜名大橋 1 東海道線から 2017 6 14 P1000200
国道1号線の浜松バイパスの橋です。浜名湖と太平洋とのつながりのところに架かっています。いい形だなぁ。こういうのも好きです。


以上で湯谷温泉の1泊一人旅の記録はおしまいです。
総評  良かった 85点
     帰ってから疲れで2、3日のびてましたけど。
     いい思い出になるでしょう。ただし一人でやはり淋しかったなぁ。


見て頂いてどうもありがとうございました。


スポンサーサイト

湯谷温泉 一泊 一人旅  その1

しばらく更新をしていませんでした。あるいはご心配をおかけしたかもしれませんけど、そうだったらごめんなさい。

じつは13日、14日と一泊旅行・一人旅に行ってました。
 宿泊地 湯谷温泉(愛知県、飯田線沿線)
 宿 湯の風 HAZU

どうして湯谷温泉か?
  それほど遠くなくて旅疲れがなくてよさそうだったから    結果 相当に疲れた(´・_・`)
  天気予報では当日雨は降らないようだったから  結果 予想より良かった(*^_^*)
  JR普通電車(乗り継ぎ)で行けるから  
  途中長いホームとか乗り換えのための長い距離を歩く必要がないから
  湯谷温泉駅は無人駅(!)でホームから階段を歩く必要がないから。 ホームを降りて
  すぐ駅前広場
  湯谷温泉駅からは宿の送迎の車があったから
  宿内部にはエレベータがあって階段を上り下りする必要がなくまた宿屋の規模が
  小さかったので長い廊下を歩かされることがないから
  蛍狩りができるから。 おぉ、蛍狩り! ぜひ行かなきゃ   しかし結果は  ・・・   
  新緑の渓谷美を楽しめる          結果 楽しめた(*^_^*)
  アユ料理が楽しめそうだから        結果 楽しめた(*^_^*)
などなどいろいろと調べたのでした。でもこれだけあればいかない方が不思議というほどですね。
実際どうであったかの一部も書き加えています。


とにかく最後だと思って行ってきました。よかったです。
でもちょっと寂しい。最後のことをし終えてしまったという気持ちからです。
    

   旅館 湯の風 玄関   ネットからお借りしてます湯の風 玄関 1 



部屋からの眺め宇連川 1 部屋から 2017 6 13 P1000133


明日(たぶん)続きをアップします。



プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
「ゆたかのブログ 2」へようこそ!
72歳 男 浜松市在住
病身なので更新は時々です。
なお植物の写真を載せていますがとにかく素人なので植物の名前は正確とは言えません。
小説も書くこともあります。
よろしくお願いいたします。

訪問者 カウンター

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

ブログ村

人気ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。