スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛院

4日は通院の日でした。例によって痛い注射をされました><
といっても「注射をされる技術」を会得して以前ほど痛くはないのですけど。

それと採血の結果を聞かされました。数値があがりました。60%も上昇しました。
悲しい。めげました。

でも何故かこの頃はめげている時間が短くなったような。馬鹿ですね。
もっと落ち込んで嘆いていなければならないのですけど。 妙に気持ちが軽い。アホだから。
命が短くなってきているのに、追い詰められた気持ちになるはずなのに。泣かなければならないのに。
馬鹿だなぁ。
おなかが減る。食べなきゃ。おやつもしっかり食べて。花の写真も撮って。馬鹿は死ななきゃ治らないですね。



↑を読み返してみるとどこまでホントのことが書いてあるのかわからない。本人が分からないんじゃねぇ。。。



スポンサーサイト

通院

今日はいつもの通院 痛い注射の日

ところが最近、2,3ヶ月、その注射が以前ほどには痛くないように思える 痛いことは痛い。しかし・・・あれ?それほどは痛くないじゃないか!
注射の針が改良されたのか、注射をする技術が上がったのかもしれない。
「前ほど痛くない」と言っても「そうですか」の一言だけだから改良されたなどということがないようだ

注射をされる技術を工夫しているせいかなぁ  つまり注射をされるとき自分の皮膚をつねっておくのだ 痛みが分散されるのかもしれないと思ってそうしている
感覚を麻痺させるための冷却(マイナス4,5度らしい)のほうが痛いぐらいだ

これからもあまり痛くなければと願う




プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
「ゆたかのブログ 2」へようこそ!
72歳 男 浜松市在住
病身なので更新は時々です。
なお植物の写真を載せていますがとにかく素人なので植物の名前は正確とは言えません。
小説も書くこともあります。
よろしくお願いいたします。

訪問者 カウンター

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

ブログ村

人気ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。