冬の木立と冬の鳥たち


ずいぶんと更新できないでいました。
 寒い
 花が咲いてない
 体が痛む
主な理由です。

でも、それでも、しかし、一昨日は
 快晴
 運良くほぼ無風(浜松は風が強いので有名)
 ついでの用事があった
ということで写真を撮ることができました。寒くなくてむしろ暖かいぐらいでした  


佐鳴湖周辺の冬の木々を撮ってみました。そして鳥たちも。

センダン

センダン 2015 1 13 003

実はほとんでなくなっていました。下向きの細い果柄がもしゃもしゃと使い古したみすぼらしいブラシのように残っていました。これもいずれ無くなるものと思われます。

佐鳴湖近くの団地が写っています。

見事な青空ですよね。



ナンキンハゼ

ナンキンハゼ 2015 1 13 012a 雀

センダンは枝ぶりの特徴がわかっていますが、ナンキンハゼは枝振りからはわからないです。秋の紅葉を撮っていましたのでこ”の木何の木♪”と聞かれたら「ナンキンハゼ」と答えることができますけどね。

雀が何羽か止まっていました。




ネムノキ

ネムノキ 2015 1 13 017

このように撮ると意外に木が小さかったです。花の頃はもっと大きい木だと思っていました。
あまり特徴のない枝ぶりですね。ただ小枝が下向きのものがなくてすべて上を向いているのが特徴と言えば特徴かもしれません。




シダレヤナギ

シダレヤナギ 2015 1 13  068a

これは葉がなくても細枝が長く垂れていてシダレヤナギだとすぐわかります。公園内の木なので「シダレヤナギ」という札も付いていました。
誰じゃい、ダジャレヤナギというのは?



ハゼノキ?

ハゼノキ 2015 1 13 065a

枝振りがこれまでの木に比べて一番絵画風でしょうか。曲がりくねっています。実はぜんぜん無かったです。




小鳥君。この木はやはりハゼノキかな。


小鳥 不明 2015 1 13 063 ハゼノキ?

たまたま撮った小鳥。木はハゼノキだったかなぁ。あるいはネムノキだったかもしれません。確認し忘れました^^;
なんという鳥かわかりませ~ん 。 でも可愛い
小鳥をあまり撮らない僕としてはいいほうだなぁ。

冬は鳥が隠れる葉がないので撮るチャンスは増えるのでしょうか。しかし望遠がきかないため鮮明度がかなり悪いですねぇ。

追記]  ijinさんから小鳥の名前についてご指摘のコメントを頂きました。ルリビタキの雌とのこと。ネットで調べましたところどうやらそのようです。どうもありがとうございました。目がとても可愛いです。(1月22日)




佐鳴湖西岸の冬の風景 メタセコイヤの並木

佐鳴湖 2015 1 13 034a メタセコイヤ

ウォーキングコースに沿ってメタセコイヤの並木があります。
去年最後の「今年のマイベスト」に載せた新緑の風景とほぼ同じところです。





佐鳴湖にカワウとコサギ(多分)がいました。

カワウとコサギ 2015 1 13 029a

逆光でうまく撮れてませんね。湖面が冬の日を反射して輝いていました。まぶしかったです。この写真はその輝きはきれいに見えますね。
向こう側がカワウ、こちらがコサギだと思います。カワウは2羽ほどが羽を広げて乾かしているようです。
カワウとコサギの間に一羽だけアオサギではないかと思われる鳥がいます(カワウより大きいようですので)。
カワウの群れにも入れず、コサギの仲間にも入れず、アオサギ君はいつも単独行動。群れているのを見たことがありません。




さて本日最後を務めまするトリは・・・

オオタカ 2015 1 13 046a

カワウとかコサギを撮っていたときカラスの群れも近くにいたのですが、なんとなく騒がしい。ということは・・・。
オオタカがいるのかもぉ。そうしてふっと空を見上げたらオオタカらしき鳥が2羽旋回しているではないですか。ヤッタァ!と思いました。
撮った場所は、去年写真家の方が大きなプロ級のカメラでオオタカを撮っていたところです。だから余計にオオタカだと思い込んだのでしたが・・・。

しかし、この鳥オオタカにかなり似てはいるけど、ミサゴだということ後にわかりました。

実はミサゴだというご指摘を頂いたのでした。ご指摘どうもありがとうございました。m(_ _)m  
鳥の名前も植物の名前も似たものがあったりして難しいですね。


もう1枚

オオタカ 2015 1 13 053b

僕のカメラではこれが限界。

オオタカではなくてミサゴだったのですが、それでもこういう美しい鳥が撮れて運が良かった。去年の年末のカワセミ、そして今年の初撮りがミサゴ。なんとなく幸運を感じますね。嬉しいです^^

なお最初の記事を一部書き直しました(1月18日)



そして、とにかく青空が主役と言ってもいいほどの青い空がきれいでした。






スポンサーサイト

亀とカルガモ

今日は亀とカルガモです。近くの小さい川にはいろいろな動物がいます  アオサギ、カワウ、鯉はすでにご紹介しています  まだ他にもコサギ、カワセミとか魚はボラとかもいるようです


まず亀さんから  亀の甲羅干し? いえちょっと違うようです。何か言っているような、僕には叫んでいるようにも思えます  脚踏んばって頑張ってます


ご近所の皆様お騒がせしております 私亀田亀三郎でございます  今度の亀議員選挙には是非亀田亀三郎をお願いいたします。亀田亀三郎、亀田亀三郎、亀田亀三郎・・・

カルガモA:  うるさいわねぇ、あっち行こ


2013 8 6 段子川 佐鳴湖 001 カメとカルガモ 1

この亀、種類はなんでしょうか。噛み付き亀かも。やですねぇ

画面の左側の川面の色がおかしいですけど、この写真を撮るときにCPフィルターを試しに付けてました。こうなるものなのでしょうか。わかりません




次も亀とカルガモです やはり亀が叫んでます

こんにちは、亀歯痛五郎でございます  亀議員選挙にはこの亀歯痛五郎をお願いいたします 亀歯痛五郎をお願いします  あ、どうも、ご声援ありがとうございます。 亀歯痛五郎、亀歯痛五郎、亀歯痛五郎をよろしくお願いいたします

カルガモB: あ~、うるさいったらありゃしない。昼寝してるのに。あっち行ってよ


2013 8 6 段子川 佐鳴湖 002 カメとカルガモ 2



やっと静かになって

カルガモC: やれやれ、私も眠くなったわ

2013 8 6 段子川 佐鳴湖 004 カルガモ 眠たい frs

カルガモは夜行性のようです  どうりで夕方から見かけることが多いです

以上8月6日撮影です



別の日の別の場所で。 カルガモが数羽 のんびりとしています  やはり午後と言うより夕方近くです

2013 8 4 段子川 032 カルガモ frs




そのうちの1羽がこちらに向かってきました

2013 8 10 段子川 001 カルガモ frs




ねぇ、呼んだ? 呼んだでしょ  何か用? ウフン

2013 8 10 段子川 004 カルガモ  呼んだ? 2 frs

 


呼ばなかったの? でもわたしきれいでしょ

2013 8 2 段子川 009 カルガモ

後の羽をピンと立てています  何かをアピールしているようです

8月4日撮影です



プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
「ゆたかのブログ 2」へようこそ!
72歳 男 浜松市在住
病身なので更新は時々です。
なお植物の写真を載せていますがとにかく素人なので植物の名前は正確とは言えません。
小説も書くこともあります。
よろしくお願いいたします。

訪問者 カウンター

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

ブログ村

人気ブログランキング