スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気がつけば


気がつけばカウンターが1万を超えていますねぇ。1万!
僕のようなメリハリのないブログに訪れた方が延べ1万人とはかなりの驚きですね。
よほど暇だったんですね(笑)・・・。おいおい落語じゃないんだから、そんなこと言っちゃいけないね。罰が当たります。
ブログをやっている以上やはり訪問者の方々の数が多いほど気持ちいいですよねぇ。ほぼ丸2年です。暖かいコメントもいただいていますね。

   どうもありがとうございました。


ここまでこれたわけはまず皆様。ちょっと優等生的な言い方ですが。
その次はと言えばコンデジではありますけれどカメラのおかげかもしれません。気軽に持ち運びができて、簡単に撮影できて。


僕は1万で有難がってますが、しかし他のブログはもっともっと多くて、桁が違っていて10万なんかはごく普通のようですね。ブログの中味のレベルの違いでしょうかね。
いつまで続けられるでしょうか。カウンターはいくつまで増えるでしょうか。目指せ100万! (有り得ない)

   今後ともどうぞよろしくお願いいたします m(_ _)m





スポンサーサイト

ご祈祷


今日は長い記事ですがお読みくだされば幸い(?)です^^



     プロローグ

もう40年以上も前のこと。勤めていた会社の仕事がうまくゆかず、もともと虚弱気味な体もこわしてしまい辞めてしまいました。当時豊橋に住んでいた両親のもとに帰り3年近くすごしました(3年・・・長いなぁ)。居候ですね。
毎年豊川稲荷に初詣していたので僕もついていきました。
最初の年の初詣。おみくじも引きました。それがなんと 大凶  当然僕だけ。両親は中吉とか吉とか。
  ガ~~ン Σ( ̄ロ ̄lll)
次の年。初詣しておみくじも引きました。今年はそんなことは無いだろうと思いましたが・・・。誰でもそう思うよねぇ。
それがなんとなんと、またしても 大凶   僕だけ。 両親は中吉とか吉とか。
  ガ~~ン  Σ( ̄ロ ̄lll
  ガ~~ン  Σ( ̄ロ ̄lll
さらに次の年。「二度あることは三度ある」とは言うけれど、なんぼなんでもそんなことは無いだろうという楽観していましたが。
それがなんとなんとなんと、今回もまた  大凶    僕だけ。両親は中吉とか吉とか。
  ガ~~ン  Σ( ̄ロ ̄lll
  ガ~~ン  Σ( ̄ロ ̄lll
  ガ~~ン  Σ( ̄ロ ̄lll



       本編

そんな忌まわしい記憶が頭から消えていませんでした。
この10年ほど前からそれが現実に
  妻が3つの病気に
  僕も病気に
そしてさらにごく最近になって
  息子が会社を辞めてしまいました。

どういうことなんでしょう。呪われてとしかありません。これはもう厄除けするしかない。神も仏も信じない僕もさすがに耐えられなくなりました。

そういうことで一昨日その豊川稲荷に厄除けのご祈祷をしに行ってきました。体が痛く、寒かったけどもう半ばやけくそ気味でしたけどね。

以下のそのときの記事です。(ここからは普通のブログ調ですよぉ(笑))

豊川までJRで1時間ぐらい。
駅から3分で総門(入り口)
  
  豊川稲荷 2015 1 18 023a 総門




妙厳寺法堂

  豊川稲荷 2015 1 18 018a 法堂

豊川稲荷は通称で正式には妙厳寺ということだそうです。




祈祷受付所

  豊川稲荷 2015 1 18 022a 祈祷受付

ここで一人3千円を払う。祈願の内容を受付票に書き込みます。三つまで。僕は「病気全快」、「災難消除」、「家内安全」。
本殿で約20分の祈祷でした。各人の住所と名前と、それぞれの祈願の内容を読み上げてもらえました。
これで過去の3回の大凶はご破算になったことになりますが。なるよね、きっと。




ということでもあるし、リベンジしたい気持ちからまたまたおみくじを引くことに決心しました。勇気がいりました。また「大凶」を引いたらどうしよう。いやいやそんなことほんとうに今回はないだろう。いやその確立はゼロではない。ずいぶんと悩みました。5分くらいウロウロしてましたけど。
おみくじを引く場所です。

豊川稲荷 2015 1 18 020a おみくじ

いやぁ~、よかったぁ。引いてよかった。「大吉」でした。
「大吉」は吉だけど良すぎるということですけど、しかし「大凶」でなかったのだからね。
よかった、よかった、よかった・・・・・・・・・・(涙)  (←少々、いやかなり大げさですね)
これから運がよくなるかもね、ねっ。





ほっとしたとこで、お腹が空いていることから精進料理を頂きました。1,000円でした。なかなかのものでもありました。

  豊川稲荷 2015 1 18 012a 精進料理

左奥のがんもどき二つがおいしかったかな。味噌汁は八丁味噌でした。懐かしかった。




豊川稲荷は1400年代半ばに建てられたそうです。

  豊川稲荷 2015 1 18 006a 妙厳寺 図

祈祷が行われる本殿までの渡り廊下に掲げられていた妙厳寺の図絵です。明治29年のもの。他にもたくさんの年代のものがありました。
稲荷というと神社のようですが、祀られている鎮守・豊川吒枳尼真天が稲穂を荷い、白い狐に跨っていることからいつしか「豐川稲荷」が通称として広がったそうです。
門前に稲荷すし屋があって参拝した人たちが長い行列で買い求めていました。




     エピローグ

実はもう一つとても不思議なことがありました。幸運でもなく、不運でもなく、ニュートラルですが、しかし有り得ないようなことでした。
  
おみくじを引くときはまず木箱に入っている細い竹の棒に書かれてある番号を引きます。ガシャガシャとシャッフルして小さい穴から竹の棒の端に書かれたその番号を読み取るのです。そしてその番号がついた小さな引き出しに入っているおみくじを取り出します。
実際におみくじを引こうかどうしようか迷っているときに、何となく、ほんとうに何気なく89がいいかな、とか37もいいな、なんて思ったのです。
そして「よし、おみくじを引こう」と決心して、木箱をジャラジャラと揺らしてから番号を引いてみたら、なんとなんと
  89
だったのです。え~~っ、有り得な~い。     ヽ(ヽ ̄□ ̄))))) ヒイィィィ!!!

僕は番号の予知能力があるのかいなぁ。びっくり。不思議だぁ。これは幸運であることなのかなぁ。






長い記事をお読みくださりどうもありがとうございました  m(_ _)m



冬の木立と冬の鳥たち


ずいぶんと更新できないでいました。
 寒い
 花が咲いてない
 体が痛む
主な理由です。

でも、それでも、しかし、一昨日は
 快晴
 運良くほぼ無風(浜松は風が強いので有名)
 ついでの用事があった
ということで写真を撮ることができました。寒くなくてむしろ暖かいぐらいでした  


佐鳴湖周辺の冬の木々を撮ってみました。そして鳥たちも。

センダン

センダン 2015 1 13 003

実はほとんでなくなっていました。下向きの細い果柄がもしゃもしゃと使い古したみすぼらしいブラシのように残っていました。これもいずれ無くなるものと思われます。

佐鳴湖近くの団地が写っています。

見事な青空ですよね。



ナンキンハゼ

ナンキンハゼ 2015 1 13 012a 雀

センダンは枝ぶりの特徴がわかっていますが、ナンキンハゼは枝振りからはわからないです。秋の紅葉を撮っていましたのでこ”の木何の木♪”と聞かれたら「ナンキンハゼ」と答えることができますけどね。

雀が何羽か止まっていました。




ネムノキ

ネムノキ 2015 1 13 017

このように撮ると意外に木が小さかったです。花の頃はもっと大きい木だと思っていました。
あまり特徴のない枝ぶりですね。ただ小枝が下向きのものがなくてすべて上を向いているのが特徴と言えば特徴かもしれません。




シダレヤナギ

シダレヤナギ 2015 1 13  068a

これは葉がなくても細枝が長く垂れていてシダレヤナギだとすぐわかります。公園内の木なので「シダレヤナギ」という札も付いていました。
誰じゃい、ダジャレヤナギというのは?



ハゼノキ?

ハゼノキ 2015 1 13 065a

枝振りがこれまでの木に比べて一番絵画風でしょうか。曲がりくねっています。実はぜんぜん無かったです。




小鳥君。この木はやはりハゼノキかな。


小鳥 不明 2015 1 13 063 ハゼノキ?

たまたま撮った小鳥。木はハゼノキだったかなぁ。あるいはネムノキだったかもしれません。確認し忘れました^^;
なんという鳥かわかりませ~ん 。 でも可愛い
小鳥をあまり撮らない僕としてはいいほうだなぁ。

冬は鳥が隠れる葉がないので撮るチャンスは増えるのでしょうか。しかし望遠がきかないため鮮明度がかなり悪いですねぇ。

追記]  ijinさんから小鳥の名前についてご指摘のコメントを頂きました。ルリビタキの雌とのこと。ネットで調べましたところどうやらそのようです。どうもありがとうございました。目がとても可愛いです。(1月22日)




佐鳴湖西岸の冬の風景 メタセコイヤの並木

佐鳴湖 2015 1 13 034a メタセコイヤ

ウォーキングコースに沿ってメタセコイヤの並木があります。
去年最後の「今年のマイベスト」に載せた新緑の風景とほぼ同じところです。





佐鳴湖にカワウとコサギ(多分)がいました。

カワウとコサギ 2015 1 13 029a

逆光でうまく撮れてませんね。湖面が冬の日を反射して輝いていました。まぶしかったです。この写真はその輝きはきれいに見えますね。
向こう側がカワウ、こちらがコサギだと思います。カワウは2羽ほどが羽を広げて乾かしているようです。
カワウとコサギの間に一羽だけアオサギではないかと思われる鳥がいます(カワウより大きいようですので)。
カワウの群れにも入れず、コサギの仲間にも入れず、アオサギ君はいつも単独行動。群れているのを見たことがありません。




さて本日最後を務めまするトリは・・・

オオタカ 2015 1 13 046a

カワウとかコサギを撮っていたときカラスの群れも近くにいたのですが、なんとなく騒がしい。ということは・・・。
オオタカがいるのかもぉ。そうしてふっと空を見上げたらオオタカらしき鳥が2羽旋回しているではないですか。ヤッタァ!と思いました。
撮った場所は、去年写真家の方が大きなプロ級のカメラでオオタカを撮っていたところです。だから余計にオオタカだと思い込んだのでしたが・・・。

しかし、この鳥オオタカにかなり似てはいるけど、ミサゴだということ後にわかりました。

実はミサゴだというご指摘を頂いたのでした。ご指摘どうもありがとうございました。m(_ _)m  
鳥の名前も植物の名前も似たものがあったりして難しいですね。


もう1枚

オオタカ 2015 1 13 053b

僕のカメラではこれが限界。

オオタカではなくてミサゴだったのですが、それでもこういう美しい鳥が撮れて運が良かった。去年の年末のカワセミ、そして今年の初撮りがミサゴ。なんとなく幸運を感じますね。嬉しいです^^

なお最初の記事を一部書き直しました(1月18日)



そして、とにかく青空が主役と言ってもいいほどの青い空がきれいでした。






テンプレート変更中

現在(1月7日)テンプレートを変更中です。

主な変更点は

 色  ブログタイトルなど、少し緑を濃くしました
 更新日時とかコメント入力(CM)などの欄 つまり
      [ 2015年1月7日 18:37 ] カテゴリ:あいさつ | TB(0) | CM(0)
 を記事の最後に変えました。これで通常のブログでの位置と同じになりました(苦労した^^;)

従ってコメントを書き込んで頂くときはその日の記事の最後にある”CM”をクリックしてください。




追記  1月9日
 この状態で大体決まりです。 小変化はあるかもしれませんけど。
 




新年のごあいさつ

     



       明けましておめでとうございます。


       本年もどうぞよろしくおねがいします。



 sheep 2bw1qsnnsygnz6fiqtf9v

               お、俺たちのこと呼んでるようだぜ。  今年は私たちの番ね。



 

sheep 3 Animals_Various_together_Young_sheep_033809_  
  
                          ぼくも~



                                     
                                                       (画像はサイトからおかりしています)








                                                  

プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
「ゆたかのブログ 2」へようこそ!
72歳 男 浜松市在住
病身なので更新は時々です。
なお植物の写真を載せていますがとにかく素人なので植物の名前は正確とは言えません。
小説も書くこともあります。
よろしくお願いいたします。

訪問者 カウンター

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

ブログ村

人気ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。