スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼岸花

お久しぶりです^^ あるいはご心配をおかけしてましたでしょうか。すみません。
体調も少しずつ良くなってきて、更新もボチボチやっていこうかな、と思っております。
またよろしくお願いいたします。

これまでに撮った写真からです。
今日はヒガンバナです。9月21日に撮ったものです。


2013 9 22 段子川 036 彼岸花

河川敷で咲いていましたので近づけません。例によってズームをきかせて撮りましたが・・・


彼岸花 あるいは曼珠沙華 そしてさらに別名がたくさんあります  1000以上あるようです
熊本国府高等学校PC同好会の調べでは1023あったそうです。

別名の殆どは縁起でもない名前です

草の絵本 (講談社カルチャーブックス  講談社  写真 武田明  解説 小野田隆雄  文 渡辺一枝  1992.7.20)  のなかには

  死人花  幽霊花  捨子花  墓花  葬式花  親殺し  赤痢花  ハッカケ(葉欠)

などが挙げられています。
渡辺一枝は、「でもかえってそれが、なんだかとても人間臭い感じを抱かせます」と全くの否定的なものではない想いを書いています。僕も同感です。


さらには、厄病花 火付け花 しびれ花 やけど花 毒菊 したまがり    ひどい、ヒドイ、酷いです。

いいと思えるのは曼珠沙華と天蓋花ぐらいでしょうか。「嫁のかんざし」というのもあるようですが。この「嫁のかんざし」が一番いいかなぁ・・・。ちょっと救われる感じがしますね^^

なぜひどい名前がおおいのでしょうねぇ。
歳時記には次の句が載っていました

  唐突に月日知らせしまんじゅしゃげ


それまでには何もなかったようなところ(あぜ道など)に、お彼岸のころいきなり真紅の花が群がって咲きます。何となく不気味でしょうかね。葉がありませんからその時まで気付かないし、見た目のバランスも葉がないので少々不安定です。
球根に毒があるのでそのことも縁起でもない名前が多いことに原因があるかもしれませんね。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

花かんざしさんへ

おはようございます

ご訪問、コメント、そしてお見舞いの言葉ありがとうございます
調子は殆ど戻ってきてます^^

名前には日本人の意識されていない感性が表れているのかもしれませんね
今は埼玉の巾着田のように観光化されていて、沢山の人が訪れていて、それも現代感覚なのでしょうね

ゆたかさん、こんばんは。
暫らく更新がないのでどうされたのかと気になっていました。
お元気そうでよかったです。でも無理はしないで下さいね。

彼岸花が綺麗に咲いていますね。先日の道草ウォーキングの
時に、ボランティアの方からびっくりするような別名を聞いてたので
そうそう、と思いながら読ませて頂きました。嫁のかんざし、
いいですね。何だかほっとする呼び方です。
非公開コメント

プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
「ゆたかのブログ 2」へようこそ!
72歳 男 浜松市在住
病身なので更新は時々です。
なお植物の写真を載せていますがとにかく素人なので植物の名前は正確とは言えません。
小説も書くこともあります。
よろしくお願いいたします。

訪問者 カウンター

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

ブログ村

人気ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。