スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご祈祷


今日は長い記事ですがお読みくだされば幸い(?)です^^



     プロローグ

もう40年以上も前のこと。勤めていた会社の仕事がうまくゆかず、もともと虚弱気味な体もこわしてしまい辞めてしまいました。当時豊橋に住んでいた両親のもとに帰り3年近くすごしました(3年・・・長いなぁ)。居候ですね。
毎年豊川稲荷に初詣していたので僕もついていきました。
最初の年の初詣。おみくじも引きました。それがなんと 大凶  当然僕だけ。両親は中吉とか吉とか。
  ガ~~ン Σ( ̄ロ ̄lll)
次の年。初詣しておみくじも引きました。今年はそんなことは無いだろうと思いましたが・・・。誰でもそう思うよねぇ。
それがなんとなんと、またしても 大凶   僕だけ。 両親は中吉とか吉とか。
  ガ~~ン  Σ( ̄ロ ̄lll
  ガ~~ン  Σ( ̄ロ ̄lll
さらに次の年。「二度あることは三度ある」とは言うけれど、なんぼなんでもそんなことは無いだろうという楽観していましたが。
それがなんとなんとなんと、今回もまた  大凶    僕だけ。両親は中吉とか吉とか。
  ガ~~ン  Σ( ̄ロ ̄lll
  ガ~~ン  Σ( ̄ロ ̄lll
  ガ~~ン  Σ( ̄ロ ̄lll



       本編

そんな忌まわしい記憶が頭から消えていませんでした。
この10年ほど前からそれが現実に
  妻が3つの病気に
  僕も病気に
そしてさらにごく最近になって
  息子が会社を辞めてしまいました。

どういうことなんでしょう。呪われてとしかありません。これはもう厄除けするしかない。神も仏も信じない僕もさすがに耐えられなくなりました。

そういうことで一昨日その豊川稲荷に厄除けのご祈祷をしに行ってきました。体が痛く、寒かったけどもう半ばやけくそ気味でしたけどね。

以下のそのときの記事です。(ここからは普通のブログ調ですよぉ(笑))

豊川までJRで1時間ぐらい。
駅から3分で総門(入り口)
  
  豊川稲荷 2015 1 18 023a 総門




妙厳寺法堂

  豊川稲荷 2015 1 18 018a 法堂

豊川稲荷は通称で正式には妙厳寺ということだそうです。




祈祷受付所

  豊川稲荷 2015 1 18 022a 祈祷受付

ここで一人3千円を払う。祈願の内容を受付票に書き込みます。三つまで。僕は「病気全快」、「災難消除」、「家内安全」。
本殿で約20分の祈祷でした。各人の住所と名前と、それぞれの祈願の内容を読み上げてもらえました。
これで過去の3回の大凶はご破算になったことになりますが。なるよね、きっと。




ということでもあるし、リベンジしたい気持ちからまたまたおみくじを引くことに決心しました。勇気がいりました。また「大凶」を引いたらどうしよう。いやいやそんなことほんとうに今回はないだろう。いやその確立はゼロではない。ずいぶんと悩みました。5分くらいウロウロしてましたけど。
おみくじを引く場所です。

豊川稲荷 2015 1 18 020a おみくじ

いやぁ~、よかったぁ。引いてよかった。「大吉」でした。
「大吉」は吉だけど良すぎるということですけど、しかし「大凶」でなかったのだからね。
よかった、よかった、よかった・・・・・・・・・・(涙)  (←少々、いやかなり大げさですね)
これから運がよくなるかもね、ねっ。





ほっとしたとこで、お腹が空いていることから精進料理を頂きました。1,000円でした。なかなかのものでもありました。

  豊川稲荷 2015 1 18 012a 精進料理

左奥のがんもどき二つがおいしかったかな。味噌汁は八丁味噌でした。懐かしかった。




豊川稲荷は1400年代半ばに建てられたそうです。

  豊川稲荷 2015 1 18 006a 妙厳寺 図

祈祷が行われる本殿までの渡り廊下に掲げられていた妙厳寺の図絵です。明治29年のもの。他にもたくさんの年代のものがありました。
稲荷というと神社のようですが、祀られている鎮守・豊川吒枳尼真天が稲穂を荷い、白い狐に跨っていることからいつしか「豐川稲荷」が通称として広がったそうです。
門前に稲荷すし屋があって参拝した人たちが長い行列で買い求めていました。




     エピローグ

実はもう一つとても不思議なことがありました。幸運でもなく、不運でもなく、ニュートラルですが、しかし有り得ないようなことでした。
  
おみくじを引くときはまず木箱に入っている細い竹の棒に書かれてある番号を引きます。ガシャガシャとシャッフルして小さい穴から竹の棒の端に書かれたその番号を読み取るのです。そしてその番号がついた小さな引き出しに入っているおみくじを取り出します。
実際におみくじを引こうかどうしようか迷っているときに、何となく、ほんとうに何気なく89がいいかな、とか37もいいな、なんて思ったのです。
そして「よし、おみくじを引こう」と決心して、木箱をジャラジャラと揺らしてから番号を引いてみたら、なんとなんと
  89
だったのです。え~~っ、有り得な~い。     ヽ(ヽ ̄□ ̄))))) ヒイィィィ!!!

僕は番号の予知能力があるのかいなぁ。びっくり。不思議だぁ。これは幸運であることなのかなぁ。






長い記事をお読みくださりどうもありがとうございました  m(_ _)m



関連記事
スポンサーサイト

コメント

ijinさんへ

こんにちは。
そうだったんですか。それはまた僕のことと重なり偶然がすごいですね。
じつは地デジに変わったときにテレビを買わなかったのでTV界のことはうといのです。
もう一度引いたら大吉だったのですね。

朝の来ない日はない。仰るとおりですね。

運が向いてきたことを喜びとしましよう。

励ましと応援のお言葉どうもありがとうございました。

お御籤

先週の大河ドラマ「花燃ゆ」で文が夫となる「久坂玄瑞」に言います。
凶ばかりのお御籤をもう一度引け。

凶が出尽くした筈。もう一度引け!
ひけば大吉。

そうでなくても、昔から、冬の後には春が来る。
朝の来ない日はない。

何か、心の奥に期するものあれば。。
根気があれば。。
少しでも努力を続ければ、願いは叶う。

予知能力ではないのですよ。
運が向いてきたのです。

ご家族の幸運を願っています。PP。

おもいがわさんへ

こんばんは。
一歩手前で帰ってこられたのですね。良かったと言ってもいいのでしょうか。いいですよね。
奥様も大病ということで僕たちと似ていますね。
ただし僕たちは少しずつですがあの世に向かって進んでいるのかもしれません。

大吉でしたから、「良い治療法が見つかる」ということになればと思います。
励ましのコメントどうもありがとうございました。

Aquaさんへ

こんばんは。
おみくじを引くまでは胸がドッキンドッキンでした。また大凶が出たらどうしようって。
幸い大吉で本当にホッとしましたよ(笑)。
精進料理は内容に比べてやや割高感がありましたけど、店に入るよりはましかなって。門前の店の値段は高い!
味はたしかに良かったですよ。これで幸運が体に入っていったらなぁって。

おはようございます。
どちらの、お宅にも、色々有りますよね。
何も、無い家は、ありませんよね。
自宅になくても、親戚にはある・・・。

私共夫婦も、大病で、天国・御浄土、一歩手前まで行って帰ってきました(笑)。
お前たち夫婦は、もう少し現世で苦労しなさいということかと・・・(笑)。
貰った命、神さんとは、何とか生きようと話し合っています(笑)。

「大吉」良かったですね。
良い一年になりますよ。

やっと大吉が出ましたね!!
このタイミングで大吉ってすごいです。
これからの人生、ゆたかさんのご家族みなさんに
幸運が訪れるでしょう^^
精進料理って、いいお値段しますね。
素材のおいしさを感じ、噛むたびにうなずきたくなるような、
私はこのような料理、好きですよ。
非公開コメント

プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
「ゆたかのブログ 2」へようこそ!
72歳 男 浜松市在住
病身なので更新は時々です。
なお植物の写真を載せていますがとにかく素人なので植物の名前は正確とは言えません。
小説も書くこともあります。
よろしくお願いいたします。

訪問者 カウンター

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

ブログ村

人気ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。