冬の花   ビワの花づくし

先日今年最後の妻の墓参りに行ってきましたけど、近くにビワの木が2、3本あって花を咲かせていました。


1本のビワを。
ビワ  バラ科 ビワ属   かなり昔に中国から渡来(?)
ビワ 2016 12 21 白洲町 全景 7288
南側から全景は無理でしたので北側から撮りました。南側の方が花が多いようです。
高さ3、4m、幅5mくらいでしたかね。



たくさんの花 南側から
ビワ 2016 12 21 白洲町 中景 7271
たくさん咲いているのですがそれほど目立たないですね。でも数で勝負だ!




近づいて
ビワ 2016 12 21 白洲町 近景 7287
花弁自体は白いのですが大きくないし他の萼とかおしべとかが薄茶色なので全体的には目立たなくなってます。それでも数で勝負だぁ!





円錐花序です。
ビワ 2016 12 21 白洲町 円錐花序 5 7286
一つの花序に数十個ぐらいは花が付いているかも。数で勝負なのです。




近づいて
ビワ 2016 12 21 白洲町 7274
花弁が開いている花は葯が茶色っぽく、開きかけたつぼみの葯は白いですね。
おしべの数が多いですけど、同じバラ科の仲間のサクラとかウメもおしべが多いですね。





さらに近づいて
ビワ 2016 12 21 白洲町 2 7275
この花の葯の色が白っぽい。
萼が薄茶色の綿毛に覆われていて防寒対策をしっかりしてありますね。寒い冬にも咲くことができるわけです。花期は1月までで、長いです。






もう1枚
ビワ 2016 12 21 白洲町 4 7279
この花の葯はかなり茶色っぽい。花粉を出す時期が過ぎているのかなぁ(?)、どうかな(?)。
めしべはたくさんのおしべの後ろに隠れてしまってます。おしべとめしべが近くにあるので、このことから自家受粉という説もあるようですが、むしろ寒さなどからめしべを守っているようにも思えます。

円錐花序でたくさんの花をつけて鳥とか虫に知らせているようですし、また花の匂いがいいので虫に匂いで知らせているのではないか、さらにめしべの脇に蜜腺がある、雄性先熟なのでおしべが花粉を出している時期はめしべは未熟で受粉できない、などなどから、他花受粉のようです。
雄性先熟だから、この後メシベが見えるようになる・・・と思います。1月ごろまたくればめしべが見られるかも。





その虫、アブかな?
ビワ 2016 12 21 白洲町 3 アブ 7276
君、君、君は誰だい?って尋ねたのですが返事がなかった^^;
萼の綿毛が暖かそうです。


来年の5、6月ごろ来ることができたら、実がたくさん成っているだろうなぁ。楽しみだなぁ、って断りなく実を採るのはいけないことなんだよ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: 冬の花  緑の恋人さんへ

> 数少ない冬の花として
> 貴重な存在ですね
なかなか冬に咲くというのも大変かもしれません。
人間とかは冬ごもり状態に近いですし。動物も植物も冬眠期ですね。
その点ビワはエライです。

冬の花

数少ない冬の花として
貴重な存在ですね。
北風にうたれながら
可憐に咲く花が愛おしい
ですね。

かぜくささんへ

かぜくささんへ
> 大人になってから知った童謡、「びわ」も大好きです(^^)

「びわ」という童謡があるんですか。知らなかったです。
早速YouTubeで聴いてみます。ありがとうございました。


今聴きましたよ。優しい心温まるような歌ですね。作詞がまど・みちおなんだぁ。

うすい虹ある ろばさんの♪
お耳みたいな 葉のかげに♪

たしかにろばさんの耳のような葉の形ですね。

No title

いつも写してみたいと思いながら、写すことなく過ぎてしまう花です。
庭にタネを蒔いたことがあり、小さな木になっています。
花が咲くまでにはならないでしょうけれど。
冬の白いビワの花、いいものですね!
こんどこそ私も写しに行ってみたいですが・・。
大人になってから知った童謡、「びわ」も大好きです(^^)

センリョウとマンリョウの色の違いなどもよく分かりました♪
非公開コメント

プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
「ゆたかのブログ 2」へようこそ!
72歳 男 浜松市在住
病身なので更新は時々です。
なお植物の写真を載せていますがとにかく素人なので植物の名前は正確とは言えません。
小説も書くこともあります。
よろしくお願いいたします。

訪問者 カウンター

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

ブログ村

人気ブログランキング