スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐鳴湖東岸  アオサギ君とか

先日アップした佐鳴湖とはの写真を撮った同じ日にアオサギ君なども撮りましたのでアップしますが取り立てて珍しい鳥たちではありません。やや、というかかなりマンネリ的です。


水質浄化装置の池のそばにアオサギ君が佇んでいました。アオサギ君は警戒して飛んで行ってしまう以外は殆どの場合じっとしていて動かないので撮りやすいと言えば撮りやすい鳥です。
アオサギ 2017 1 26 佐鳴湖 4 7387
かなりの近い距離なのに逃げないで何を見ているのか何を考えているのか、いつもながら不思議な鳥です。だからして僕は彼らを「アオサギ君」と呼んでいます。なんとなく愛嬌を感じます。





全体の立ち姿を
アオサギ 2017 1 26 佐鳴湖 1 7438
頭の黒い冠毛が目立ちます。このようにはっきり見たのは今回が初めてでした。首から肩にかけても白い飾り羽があるようですね。
僕の後ろ、つまりアオサギ君が見ている方向はウォーキング道路です。あるいは今日は人間観察に来ているのかもしれませんね。
それでちょっとお聞きしました。
「えーと、アオサギ君なにしてるの?」
「・・・・・」
「今日はおヒマですか?」
「・・・・・」
「エサを探しているようには見えないのですが、何か他のことが気になっているのですか?」
「・・・・・」
なかなか返事をしてもらえません。案外気難しい性格なのかもしれませんね。
「今日はでも暖かいですよね」
「まぁ、そうだね」
おぉ、答えがあったぁ。すごい。
「何してるの」
「何してるかって? こっちの勝手だろ。いちいちうるさい」
「はぁ、どうも。すみません」
「人間っておかしな動物だなぁって見てるんだ。なんの得にもならんのに歩いたりジョギングしたり不思議だ。お前こそ、何してるんだ。オレみたいな珍しくもない鳥を撮ってもしょうがないだろ」
「そんなことありません。黒い冠毛がおしゃれですね」
「あ、そうかい。ちょっとねいいかもね。この角度がちょうどいいかね」
「はい。でも、もうちょっと右に向いていただけると」
「もう、うるさいな。勝手に撮りなさい」



あぁ~、行っちゃった
アオサギ 2017 1 26 佐鳴湖 5 7385




次はカルガモたち
カルガモ 2017 1 26 佐鳴湖東岸 1 7392
カルガモは夜行性なので昼間は寝ているかのんびりと冬の陽射しを楽しんでいます。
20羽ほどいましたが。





オオバンとカルガモ
オオバンとカルガモ 佐鳴湖東岸 2017 1 6 1 7417
陸(おか)に上がって草をせわしなくついばんでいるオオバンと休息中ののんびりとしているカルガモです。
どうもこの写真を撮ったときホワイトバランスの設定を気が付かないうちにおかしくしてしまったようで色が変です。


佐鳴湖の水質がもっともっと良くなれば水鳥たちの種類も数も今より増えるのではと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

気持ちは

爺さんと 呼ばれて気づかぬ ふりをする

爺さんじゃない と言いたくても 声に出ず

爺さんって もう少し年上だと 思ってた

大人げない 70超えたら 爺さんだよ

ほのぼのサギと

「おいおいそこの爺さんよ・・・
いつもカメラ片手に精がでますなぁ・・・」

「オイラをより美しく撮っておくれよ、
今日は羽の艶が良さそうだから カメラ目線
、こうかい・・・。」

「もう一つ、忠告、くれぐれも振り込み詐欺にあわないようになぁ・・・。」

      爺さんが大好きなサギ より
非公開コメント

プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
「ゆたかのブログ 2」へようこそ!
72歳 男 浜松市在住
病身なので更新は時々です。
なお植物の写真を載せていますがとにかく素人なので植物の名前は正確とは言えません。
小説も書くこともあります。
よろしくお願いいたします。

訪問者 カウンター

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

ブログ村

人気ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。