スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホトケノザづくし

記事のタイトルを「ホトケノザづくし」としましたけれど、それほどのものでもありません。画像が多いというだけかな。

先日お墓参りをしてきましたが、ビワの木の傍に畑があります。しかし今の時期はなにも育ててはないようでした。ただ畑に作られている畝に沿ってホトケノザが群生していました。多分ちょっとした盛り土とか施していた肥料のせいなのでしょうか。


ホトケノザ(仏の座)   別名 三階草   シソ科  オドリコソウ属  
ホトケノザ 2017 2 22 白洲町 群生 1 IMG_7680
晴れていましたし花が小さくてこの写真では分かりにくいです。でも畝に沿ってたくさん生えていることは分かりますけど。




近づいて。この写真では花一つ一つが分かります。
ホトケノザ 2017 2 22 白洲町 群生 2 IMG_7649





別名を3階草というそうですが横から見ると段々になっていて名前の由来が分かります。
ホトケノザ 2017 2 22 白洲町 三階草 1 IMG_7643
「ホトケノザ」(仏の座)の名前の由来は対生の2枚の葉がほぼ円形状で仏様のお座りになる座ということだそうですけど、何事にも懐疑的なゆたかは、それほどの名前でもないかなぁと思いますが、仏様に怒られるかな・・・。





ホトケノザ 2017 2 22 白洲町 花 1 IMG_7645
小さいけれど可愛いですね。





クローズアップ
ホトケノザ 2017 2 22 白洲町 花 5 IMG_7645
上部の帽子のようなふたのような上唇には赤紫の毛がいっぱい生えていますが、役目は何かな?




赤いレンガ色はおしべの葯です。
ホトケノザ 2017 2 22 白洲町 花 3 IMG_7641
じつは2014年3月17日にもホトケノザをアップしたのですが、この赤いものを蜜標と思い間違いをして書いてしまっていました。間違いでした。
ただ、この赤いおしべを目指して虫が筒のなかに潜り込むのなら蜜標の役をしていることにはなるのですが。
しかしホトケノサの蜜標といえば下唇の濃い赤紫の斑点のことですね。
下唇の側面にも毛が密生していますが、これも役目はなんなんでしょうねぇ。






つぼみ。上唇がまだふたをしているようです。
ホトケノザ 2017 2 22 白洲町 花 4 IMG_7629





閉鎖花
ホトケノザ 2017 2 22 白洲町 閉鎖花 1 IMG_7635
すみれもそうですが花弁が開いておしべとかめしべが外側に露出している開放花と、花弁が開かずに閉じたまま自家受粉する閉鎖花と両方があります。ここに写っているのは白っぽくて小さいので恐らく閉鎖花ではないかと思います。間違えていたらごめんなさい。
なお糸のようなものが絡まっていますが、これはたぶん近くの群生しているガマの果実が風に乗ってきたものではないかな。確認してませんけれども。



ここで拙句を。

   人の座 神の座 仏の座 己はいづれに座るべし     ゆたか

これは何かな? 短歌?じゃないし。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

まだ他にホトケノザの咲いている場所から離れたところで春の花を撮ったのですけど、不十分で次に2週間ほど経ってから行くことができたら撮りたいと思います。少し遠いのでなかなか行けません。体調なども考えないといけませんので。

No title

ホトケノザのことがよく分かりました。蕾は点々に見えるなと思っていましたが、かわいい蓋のようになっているのですね。
春の花をよく観察したくなりました。
非公開コメント

プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
「ゆたかのブログ 2」へようこそ!
72歳 男 浜松市在住
病身なので更新は時々です。
なお植物の写真を載せていますがとにかく素人なので植物の名前は正確とは言えません。
小説も書くこともあります。
よろしくお願いいたします。

訪問者 カウンター

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

ブログ村

人気ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。