スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説 「ちょっとした遠足」    その14

          その14

坂之上公園には広い芝生があり、子供たちがいろいろ動き回れます。アスレチック遊具がたくさんあって運動好きの子には魅力です。滑り台、トンネル、丸太吊り橋、ジャングルジム、平均台とかです。そして植物園。植物園ではキキョウ、ハンゲショウ、シモツケソウ、ササユリなど7月の花が咲いているそうです。温室もあるんです。温室ではさまざまな熱帯植物が育っていてトロピカルな花がみられるのだそうです。見学ガイドが11時からあって係の人の説明を聴くことができます。また温室の外の池には大賀蓮があって朝の時間帯には咲いているそうですけど、今10時ごろだから見られるかな?

篠田君がみんなに向かって話をしています。
「遊ぶとことかたくさんあって楽しみなんですが、みんなで8人いるけど、それぞれバラバラに遊ぶと誰がどこにいるかが分からないのも困ることがあるかもしれません。それで急な話ですけど、グループ分けしてグループでまとまって遊んでもらえたらなぁと思います。いいかなぁ?」
「え~?、聞いてないよな、そんな話」
「そう、準備の段階で言っておいてくれよな。自由に遊びたいよな、な?」
「ほんと。ちょっと待ってよ」
篠田君はみんなの不満そうな声でひるんでしまったようですけど、でも大事なことのようでもあるので、みんなの了解を得たいのですが・・・。
「急な話で、これは僕の落ち度なんだけど、分かってほしい。一人だけでどこかに行ってしまう場合もあるかもしれませんし、なにか問題が起きたときにリーダーとしては何とかしないといけませんから、お願いです」
「そうかぁ、リーダーとしてはそう考えるかな」
「そう言われると簡単には断れないねぇ」
「ま、公園までグループで来たんだし、ここで自由解散とはいかないかなぁ。しかたないかなぁ」
「そうだね、しかたないかなぁ」
「リーダーの篠田君の顔を立てるか、ここは」
「そうするか」
「ありがとう。ほんとすみません。了解してもらえたらうれしいです」
「だけどさ、言っとくけどさ、気持ち的には100%賛成というわけではないんだよ」
「そうかもしれないけど・・・」篠田君が元気のない声で応えています。
「じゃ、篠田君の指示に従います」とこれは正樹が言いました。
「どういうグループ分けにするの?」と橋本さんが話を進めます。
「歩いてきた列の前半分と後半分に分けたいんです」
「わかった」
「前半分、Aグループは僕と、三田さん、高橋君、古賀さんです。後半分Bグループは正樹君、戸川君、清ちゃん、橋本さんということなります。いいですか?」
「まぁね」
「ではここから2グループでまとまって遊んでください。Aグループのリーダーは僕。Bグループのリーダーは橋本さん。みんなそれぞれ基本的には仲がいいのだから、グループ分けでは問題ないよね。了解してください。そして、えーと、それで温室見学は時間が11時からと決まっているのでその時刻には温室前に全員集合をお願いします。それまでは各グループで遊んで下さい。以上です。あ、温室見学は40分ほどかかるそうです。そのあと休憩所に行って弁当タイムです。じゃ以上です、どうもご協力ありがとうございました」
「なんだか選挙演説みたいだな」と誰かが小さい声でつぶやいています。

           つづく
関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
「ゆたかのブログ 2」へようこそ!
72歳 男 浜松市在住
病身なので更新は時々です。
なお植物の写真を載せていますがとにかく素人なので植物の名前は正確とは言えません。
小説も書くこともあります。
よろしくお願いいたします。

訪問者 カウンター

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

ブログ村

人気ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。