スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラスノエンドウとナノハナ

先日お墓参りで白洲町に行ったときに撮ったカラスノエンドウとナノハナをアップします。

前回群生していたホトケノサの代わりのごとくカラスノエンドウが繁茂してました。

カラスノエンドウ(烏野豌豆)   標準名 ヤハズエンドウ(矢筈豌豆)   マメ科 ソラマメ属   帰化種 原産地 中東
カラスノエンドウ 2017 3 22 花 1 7981
標準名はヤハズエンドウですが通称名のカラスノエンドウのほうが名前として知られています。
ただカラスノエンドウは「カラスの豌豆」の意味だと思っていましたが、これは実は間違いで「カラス野豌豆」という意味だそうですねぇ。野豌豆とは中国名だそうです。いつもながら知らないことはた~くさんあるのですね。




正面斜め下側から
カラスノエンドウ 2017 3 22 花 下から 1 7977
構造はマメ科はだいたい複雑でよくわからないヽ( ´_`)丿





背中側から
カラスノエンドウ 2017 3 22 背側 2 7976
背中は薄赤いです





カラスノエンドウ 2017 3 22 偶数複葉 1 7979
偶数複葉です。一枚一枚が葉ではなくそれぞれが小葉といって全体が葉となります。先端(左側)は巻きひげです。





巻きひげ
カラスノエンドウ 2017 3 22 巻きひげ 1 7978
先端の小葉が巻きひげに変化したそうです。他の植物などに絡みつくことができますが、自立もできます。巻き付く相手がないので自分たちでお互いに絡み合ってます。





次は菜の花。ナノハナはアブラナ、セイヨウアブラナの別名だそうです。
セイヨウアブラナ(油菜) (?)     アブラナ科 アブラナ属   帰化種(導入種)  原産地 北ヨーロッパからシベリア  日本には明治時代導入された
ナノハナ 2017 3 2 花 白洲町 4 8003
しべが形としては目立ちますけど色が花弁の黄色と似ていてそのぶん分かりにくいですけど。




アブだろうと思いますが蜜を吸いに来ていました。
菜の花 2017 2 22   花とアブ 2 8005
脚には花粉の団子を付けてます。花粉も彼らの食料になるようです。




めしべとおしべ
菜の花 2017 2 22   花 1 8004
めしべは1本で薄い緑色、おしべは6本で薄い黄色です。おしべの6本のうち4本がめしべの近くでまとまっていてめしべと同じような長さですが残りの2本は短く他のおしべからは離れています。





もう一枚
ナノハナ 2017 3 22 白洲町 3 8014




横からアップ
菜の花 2017 2 22   花 2 8015
おしべの先端が曲がって鉤型となっているようです。鉤型の上側に花粉がたくさん付いているのではないでしょうかね。


一応名前をセイヨウアブラナとしましたが確定できません。菜の花とはアブラナ属の総称的名前でもあります。アブラナ属の花はみな黄色で同じような形で区別がしにくいそうです。
カラシナ、キャベツ、カブ、ダイコン、ブロッコリーなど同じような黄色の花を咲かせます。
アブラナは在来種で現在は葉物野菜として栽培されているそうです。スーパーなどで「なばな」として売っていますが値段が高いですね。茹でて食べるととてもおいしい。

また堤防とか河川敷で咲いているのはカラシナだそうです。僕の家の近くの小さい川でも菜の花が咲いていますがカラシナかも。

菜の花の黄色はきれいな明るい黄色ですね。

歌は「朧月夜」
  

題名が「朧月夜」ということも今知りました(。-_-。)。「菜の花」だとばかり思っていました。

子供の頃田舎に住んでいました。この歌のように菜の花畑がたくさんありました。歌詞では「におい淡し」となっていますが、実際は匂いは強くてムッとするぐらいですが、僕は好きなのですが。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
「ゆたかのブログ 2」へようこそ!
72歳 男 浜松市在住
病身なので更新は時々です。
なお植物の写真を載せていますがとにかく素人なので植物の名前は正確とは言えません。
小説も書くこともあります。
よろしくお願いいたします。

訪問者 カウンター

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

ブログ村

人気ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。