スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒメガマ  (ガマではなく)

先日お墓参りに行ったときに群生しているガマの穂を撮ってきましたが、じつはそのときガマの穂を一つ持って帰ってきました。特に栽培されているようでもないですし、でもコソッという感じで貰ってきました。

しかし今まで「ガマ」と書いてきましたが、今回どうも「ヒメガマ」ではないかと思うようになりました。穂がまだ花の段階の時期6月ごろでないと穂での判断はできませんが、しかし果実を観察して「ヒメガマ」のように思いました。


ヒメガマの穂
ヒメガマ 2017 3 25 穂 1 白洲町 8109
密に穂綿が詰まった感じです。




アップして
ヒメガマ 2017 3 25 穂 2 白洲町 8112
小さな果実がたくさん見えます。



さらにアップして
ヒメガマ 2017 3 25 果実 かたまり 2 白洲町 8113
なんだか別の植物のような・・・。




一部をばらけさせました。
ヒメガマ 2017 3 25 果実 かたまり 1 白洲町 8122




さらに少し取り出しました。
ヒメガマ 2017 3 25 果実 2 白洲町 8126




果実一つだけを
ヒメガマ 2017 3 25 果実 5 白洲町 8129
撮るのに苦労しました。非常に軽くわずかの僕の手の動きでも果実が動いてしまいなかなか良い姿勢にするのが難しかったです。
左側の粒が果実本体で右側は風に乗るための冠毛です。実際に見ると絹のようで繊細できれいです。
タンポポの綿毛に似ています。ヒメガマはガマ科でタンポポはキク科で全然別の種ですけど機能的に小さい果実が風に乗るというのは同じですから綿毛も似ているのでしょうか。

この絹毛のようすが「ガマ」とは異なるので「ヒメガマ」としました。参考の画像はコチラ  サイトは「植物図鑑 三河の植物観察」です。



茎は中実で髄があります。
ヒメガマ 2017 3 25 茎 髄 1 白洲町 8127

 
ふとんは布団とも書きますが蒲団でもいいわけですけど、この「蒲」とはガマのことでガマの穂綿はふとんに使えそうだということですね。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
「ゆたかのブログ 2」へようこそ!
72歳 男 浜松市在住
病身なので更新は時々です。
なお植物の写真を載せていますがとにかく素人なので植物の名前は正確とは言えません。
小説も書くこともあります。
よろしくお願いいたします。

訪問者 カウンター

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

ブログ村

人気ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。