近くの公園にて  チチコグサモドキなど

キュウリグサとかを撮った同じ公園、同じ日(4月23日)に撮った花たちです。花と言っても花だろうなぁというものですけど。不確かな情報には注意を! しかし危険というわけではなくてですけど。

チチコグサモドキ  キク科  ウスベニチチコグサ属    帰化種 熱帯アメリカ原産  日本には昭和初期ごろ帰化チチコグサモドキ 2017 4 23 群生 2 富塚公園 9352
この写真ではまばらで群生とは言えないようですが実際は公園の芝生にたくさん生えていました。




株の上部
チチコグサモドキ 2017 4 23 中景 1  富塚公園 9351
葉の裏、茎に白い伏毛が密生しています。





茎頂 花らしいのですがチチコグサモドキ 2017 4 23 茎頂 2 富塚公園 9334よくわからない^^;





葉の裏チチコグサモドキ 2017 4 23 葉裏 2 富塚公園 9331なんとなく細かい白い毛がおわかりになるかも。





次に、「ひさしぶり~」にイネ科を。まずヒメコバンソウを。
ヒメコバンソウ(姫小判草)   イネ科  コバンソウ属   帰化種  日本には江戸時代に渡来
ヒメコバンソウ 2017 4 23 近景 1 富塚公園 9359
イネ科は地味ですが、これはかわいい方ですよね^^





もっと近くからヒメコバンソウ 2017 4 23 近景 2 富塚公園 9360
花穂が葉鞘から出たてのホヤホヤの若い花序です。緑がきれいです。「小判」とはちょっと似ていないようですが。




もう一つイネ科を。
スズメノカタビラ(雀の帷子)   イネ科  イチゴツナギ属
群生スズメノカタビラ 2017 4 23 群生 1 富塚公園 9374
この写真では細かくてよくわからないですね。




花序
スズメノカタビラ 2017 4 23 花序 2 富塚公園 9378
花序というのだと思いますが。




葯がわかる画像スズメノカタビラ 2017 4 23 葯 1 富塚公園 9377


このところイネ科から離れてしまって、どうも調子が出ないです。
イネ科を撮るのはほぼ諦めたことも原因です。草丈が低いのが多く写真を撮るのも工夫が必要で同定も難しいのが多いです。足腰が弱ってきましたし痛むので中腰とか片膝をつくとかあるいは腰を下ろすとかが困難になってきました。淋しい。
ただ斜面とか縁石があるなど写真を撮るのにあまり苦労しないで済む場合は撮らせてもらってます。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

aoikesiiさんへ

> 地味で目立たない花に目を向けられるゆたかさんは素敵ですね。
ありがとうございます。地味ながらよく見るとそれぞれ魅力があって、つい撮ってしまいます。

> ヒメコバンソウは初見です。
宮城の方はないのかな?仙台にいたとき見たことあったかどうかわからないです。

No title

地味で目立たない花に目を向けられるゆたかさんは素敵ですね。
ヒメコバンソウは初見です。
非公開コメント

プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
「ゆたかのブログ 2」へようこそ!
72歳 男 浜松市在住
病身なので更新は時々です。
なお植物の写真を載せていますがとにかく素人なので植物の名前は正確とは言えません。
小説も書くこともあります。
よろしくお願いいたします。

訪問者 カウンター

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

ブログ村

人気ブログランキング