林縁の草花  その1

気になっている小説を書こうという気持ちが最近出てきているのですけど、このところ撮った写真をアップするのにアップアップ(--;)しているのでなかなか思うようになりません。写真もずいぶんと溜まってしまってます。

それで今日の画像の枚数が多いのですがよろしくお願いします。

墓参りに行く途中に両側が林になっている坂道の道端にいろいろな林縁の花を見ることができます。去年はヤブミョウガの花や実を撮ったところです。

記事のタイトルに「その1」を付け加えました(5月10日追記)

キケマンを見つけました。家の近所の林縁ではムラサキケマンを見つけましたが、キケマンも見ることができてラッキーです。僕にとって初見です。少し嬉しい。

キケマン(黄華鬘)    ケシ科 キケマン属   在来種  関東以西
キケマン 2017 5 3 花 葉 1 大久保 9648
花と葉と





花と距キケマン 2017 5 3 花 距 2 大久保 9651
花は2cm弱。きれいなおとなしい黄色です。花柄は5mmほど。茎と花柄の間に葉のような苞が一つあります。花の花柄より右側(画像では)は距です。花を縦に切断しておしべとめしべ、そして距の内部を見てみたいけど、なんとなく気が進まない。面倒くさいということもありますけれどね。





斜め横からキケマン 2017 5 3 花 斜め横 1 大久保 9658
なんだか口が二つある動物の顔のようでもありますが。






正面からキケマン 2017 5 3 花 正面 2 大久保 9659
おしべとかめしべが隠れているのでしょう全然わからないですけど。




若い果実
キケマン 2017 5 3 果実 1 大久保 9646
エンドウ豆のような・・・。この画像では分かりにくいですけど中の種子が2列に並んでいるようです。これはキケマンの特徴ということらしいです。

キケマン 2017 5 3 葉 1 大久保 9660
デザイン的にきれいですね。紙の模様に使えそうな形です。




次はこれまでにも撮ったことがあるトキワツユクサです。

トキワツユクサ(常盤露草)  標準名 ノハカタカラクサ(野博多唐草)  
          ツユクサ科  ムラサキツユクサ属  帰化種 昭和初期に渡来
群生している様子
トキワツユクサ 2017 5 3 群生 1 大久保 9604条件があえばそのあたりで繁茂するのも当然なのですね。




花三つ
トキワツユクサ 2017 5 3  花 3つ 1 大久保 9542
花弁3枚、萼も3枚、幾何学的なパターンです。




花のアップ
トキワツユクサ 2017 5 3  花 6 大久保 9595
おしべ6本、めしべ1本、長毛がたくさんあります。




長毛 ビーズのような。
トキワツユクサ 2017 5 3  花 ビーズ 1 大久保 9623
長毛は単細胞の鎖となっています。単細胞が観察できるなんて理科的に有益な存在ですね。





花と花後(若い果実)トキワツユクサ 2017 5 3  花後 かくれんぼ 1 大久保 9561
花後(若い果実)は閉じた萼の中にあり、まだ柱頭が残っています。
紫色の花柄は花後カーブして葉の裏に若い果実が隠れるようになります。雨とかあるいは虫から守っているのでしょうか。





葉表
トキワツユクサ 2017 5 3 葉表 1 大久保 9537
葉表は濡れたような感じですが、実際に手で触れてみるべきでしたねぇ。写真を撮るのに夢中で気が回らないです。
小さな毛の生えた果実は先日アップしたヤエムグラの果実です。





葉裏
トキワツユクサ 2017 5 3 葉裏 花後 1 大久保 9561
なんというものでもないですが。ツユクサの葉によく似ています。


以上です。長い記事にお付き合い頂きありがとうございました。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
「ゆたかのブログ 2」へようこそ!
72歳 男 浜松市在住
病身なので更新は時々です。
なお植物の写真を載せていますがとにかく素人なので植物の名前は正確とは言えません。
小説も書くこともあります。
よろしくお願いいたします。

訪問者 カウンター

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

ブログ村

人気ブログランキング