スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説 「エメラルドの首飾り」  その4

          その4

達哉が彼女の首飾りを見て驚いたのはその見事さだけでなかった。殆ど違わないほどのものを達哉は持っているからだった。持っているというのは少し正確な言い方ではない。居間の玄関に通じるドアの傍に専用の台を据えてその上に置いたトルソーにエメラルドの首飾りを飾っていたのだ。朝出かけるとき、夜会社から帰ってきたとき、その首飾りの横に置いてある亡き妻の写真にあいさつするのが習慣になっていたのだ。その首飾りと彼女の首飾りがそっくりだった。毎日朝晩見ているから間違いがない。

エメラルドの首飾りは妻の母親の形見だった。母親は亡くなるまえに彼女に「これは私の形見。大事にしてね」と言って渡したそうだ。父親と結婚したときにプレゼントされたそうだ。かなりの値段のものだろうと思う。その母親の形見を妻は箱のなかに大事にしまっていた。
          ・
          ・
          ・
パンフレットを拾う時に彼女の胸の首飾りを見て達哉が「あっ」という小さい声を出したけど、その声に彼女が気が付いて「どうかしましたか」と訊ねてきた。「いえ、なんでもないです。ごめんなさい」と達哉が答えた。

このレストランを彼女も気に入っているようでその次に達哉が行ったときには彼女が先に来ていて食事を始めていたところだった。達哉の指定席のようなお気に入りの席の隣に座っていた。
達哉のお気に入りのその席は不思議に大体いつも空いていて座ることができた。彼に気付いて彼女が軽く会釈をしてきた。達哉も会釈を返した。また例によって例の如く「カキフライ定食」を頼んだ。今日はいつものウェートレスではなかったので「カキフライ定食」を注文しても当然微妙な笑顔はなかった。なんとなくわけもなくほっとする。
二人とも食事を終えてコーヒーをゆっくり飲んでいたら彼女が「この前はどうもありがとうございました」と話しかけてきた。僕はお礼など言われると思っていなかったので、ちょっとまごつきながら「いぇ」と言った。「お礼というほどのものでもないですがこれどうぞ」と小さな紙包みを差し出してきた・「いや、そんなこと。いいですよ」と達哉がいったけど彼女は達哉に押し付けるようにして渡してきた。「たいしたものではありませんから。小さな和菓子一つだけ。甘いのものはだいじょうぶですか?」「どうもすみません。甘いものも好きです」「あ、よかった」と彼女が微笑んだ。

          つづく
関連記事
スポンサーサイト

コメント

かぜくささんへ

そちらの暑さはいかがですか。
こちらは昨日よりかなり暑かったですが。

このさきどうなるのでしょうか。ご期待下さい。

その期待にお応えできるようになりますように。

No title

エメラルドの首飾りの同じものを持っていたのでしたか!
どうなるのだろう・・とわくわくしてしまいます(^^)

aoikesiiさんへ

こんにちは。今日もこちらは暑いですけど、そちらは雨模様でしょうか。

なんとはなしに始めた小説で、面白いのか面白くないのか、書いている本人にはわからない(責任回避?)です。

よかったらお時間のある時にまた来て読んで頂けたらと思います。

ありがとうございました。

No title

小説、4回になっていたんですね。
ラブストーリーでしょうか。
これからの展開が楽しみです。
非公開コメント

プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
「ゆたかのブログ 2」へようこそ!
72歳 男 浜松市在住
病身なので更新は時々です。
なお植物の写真を載せていますがとにかく素人なので植物の名前は正確とは言えません。
小説も書くこともあります。
よろしくお願いいたします。

訪問者 カウンター

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

ブログ村

人気ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。