スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゆたかのブログ 2」更新終了のお知らせ

「ゆたか」の一人息子タケオからご挨拶申し上げます。

約7年間に及ぶ前立腺がんとの闘病生活の末、2017年11月20日に父「ゆたか」が力尽きました。

ここで、本ブログを愛読して下さった皆様に、誠に残念ではございますが、本ブログの更新が終了となりますことをお知らせ致します。

僕が今年8月に会った時にはまだ元気な状態にありましたが、9月から入退院を繰り返すようになり、そしてここ1ヶ月間はそれまで痛みに耐えに耐えていたのがウソのように急激に体調が悪化してしまい、今回の残念な結果に至ってしまいました。

遺品整理中に本ブログを発見しましたが、昨年父を連れて行った東京や仙台のことが書かれているのを見て、本人にとって良い思い出になっていたのだということを改めて感じています。





タケオから見た「ゆたか」に対する感情は、尊敬3割・反発7割というのが正直なところです。

尊敬3割というのは、ブログで見られるような独特の感性、博識さ、そして「敗戦」の1年前に生まれたという困難な状況から長年生き抜いて来たということです。

反発7割というのは主に2つ理由があります。

まずは自身が母や僕に対してバカにすることは気にせずにやるのに、逆をすると物凄く感情的に反発し、「口を利かない」作戦に出ること。

自分がされるのが嫌なことを他人にしてはならないと思っていたのですが、本人は気にしていなかったのか中々治らずに少なくとも僕は困っていました。

そして、これが今も記憶に刻み込まれているのですが、僕が小学校から高校時代にかけてピアノのレッスンを受けていた時に、「ここはこう弾いた方が良い」等あれこれ指導してきたことでした。

僕は「ピアノをちゃんと習ったことがない人に、思い通りに弾くことの苦労なんてわかるか」と、ああだこうだ言われるのが嫌でして、特に凄くきつい口調で言われて不貞腐れているのをみるや、更に畳み掛けるように僕を叱りつけたことが1回あったのですが、それは残念ながら今でも「恐怖」を覚えます。

ですから、母が亡くなって間もない内に、「ピアノを習いたいと思っている」と聞いたときは本当にびっくり仰天でした。

昨年12月の発表会は現場にいましたが、タッチミスがあったり途中で止まり掛けそうになりながらもしっかりと弾き抜いた上に、父独特の感性が音色に乗り移っているのを感じてとても感動したことを昨日のことのように思い出します。

これでやっと小さい時の僕の苦労をわかってくれたのであればより嬉しいのですが。




今回直ぐのブログ閉鎖も考えましたが、素敵な写真が掲載されているのを見ますと、しばらくの間はこのままにしておいても良いのかなと思っています。

ですので、しばらくは「ゆたか」の感性が詰まった写真や小説を改めて振り返って頂ければと思います。

そして、タケオはタケオで、タケオトラベラーというブログを運営しております。

こちらも愛読して下されば幸いです。




これまで付き合って下さった読者の皆様に対し、あの世に行ってしまった「ゆたか」の代わりに厚く御礼申し上げます。

最後に、追悼の意味を込めまして、父を送り出す際に流した曲を紹介したいと思います。

父が昨年のピアノ発表会で、亡き妻に向けて弾いたという曲です。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
「ゆたかのブログ 2」へようこそ!
72歳 男 浜松市在住
病身なので更新は時々です。
なお植物の写真を載せていますがとにかく素人なので植物の名前は正確とは言えません。
小説も書くこともあります。
よろしくお願いいたします。

訪問者 カウンター

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

ブログ村

人気ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。