湯谷温泉 一泊 一人旅  その2

今日は湯谷温泉での旅気分の2回目です。

湯谷温泉駅に着いたのは4時まえ。お風呂に入る前にちょっと散歩。といっても山道を歩けないので近くのつり橋まで。
つり橋までの途中の眺め  川の流れです   川は宇連川(うれかわ)という名前です
宇連川 瀬 1 2017 6 13 湯谷温泉 P1000149
4時過ぎなので明るさがもうひとつでしょうか。




つり橋  大きくはないですけど
つり橋 宇連川 1 2017 6 13 湯谷温泉 P1000140
まったく揺れませんでした。怖くなかった。





つり橋から下流側の眺め
宇連川 下流側 つり橋から 2017 6 13 湯谷温泉 P1000141
空がきれいに映りこんでいますが。映り込みのほうがきれいだという写真です^^; カメラのせいか。設定の不十分さなのか?
瀬音がかなりあり夜寝ているとき少し気になりました。




つり橋から 上流側
宇連川 上流側 つり橋から 2 2017 6 13 湯谷温泉 P1000147
雨が少なく晴れていることが多い最近ですけど、水量はそこそこ豊富のように思えました。



散歩から帰って露天風呂。やや熱めでゆっくり入っていられなかった。最近は風呂の温度がどこも熱いですね。僕が若いころは逆に温泉はぬるめでした。

さて楽しみの夕食 食事処で4人席を独り占めでした。お品書きです
お品書き 1 2017 6 13 湯谷温泉 P1000150




前菜夕食 前菜 1 湯の風 2017 6 13 P1000151
それぞれおいしかったし、器もきれいでした。




お造りの代わりに出してもらった段戸牛のローストビーフ(って言うのですよね)
夕食 段戸牛のローストビーフ 1 湯谷温泉 2017 6 13 P1000154
ローストビーフをほとんど食べたことがないので。というより故あってあまり牛肉料理は食べたことがない(ま、貧乏ということもあるのですが)



台物
夕食 とり団子煮 1 湯谷温泉 2017 6 13 P1000155
僕向きに言えば鳥の団子煮です。




アユの塩焼きと唐揚げをまとめて夕食 アユ料理 1 湯谷温泉 2017 6 13 P1000153
写真を撮るより食べる方に気持ちがいっていて写真は二の次です。いつものことですが。
奥にあるのが唐揚げ。これがまたことに美味しかったです。



これなんだろ夕食 モロコシ豆腐 1 湯谷温泉 2017 6 13 P1000156
給仕してくれた人に聞いてはいたのですが記憶力が低下していて覚えてない^^;  
しかし美味しかったには違いはないのですが。
蒸しチーズケーキではないかというアドバイスを頂きました。あぁ、そうかもしれませんね。(←20日火曜日追記

どれもみんな僕向きの薄味で美味しかったです。行って良かったぁ(^-^)/


以下は湯谷温泉の旅と直接関係ありませんのでお読みにならずスルーされてけっこうです。お時間のある方はどうぞお読みください。
〔蛇足・横道〕
お造りの代わりの段戸牛のローストビーフのことに関係して「段戸」とは愛知県のこの付近の山「段戸山」のことですけど、しかし僕はこの名前「段戸」は知っていました。給仕の人に段戸牛だといわれてすぐにわかりました。
というのも「ダンドボロギク」という野草があるのです。以前仙台に住んでいたときベランダに自然に生えてきたのです。最初は何かなぁと思って経過観察して花が咲き実ができるまでそのままにしていました。花が咲いて「ダンドボロギク」だと分かりました。高さは1mぐらいになって大型の野草です。
そしてこれはなんと帰化植物なんですねぇ。1933年ごろに段戸山で確認されたということです。帰化植物が愛知県の山奥で初めて確認されたというのも少々妙と言えば妙です。外国から入ってきたのに海岸とか港近くとか農耕地のあたりで確認されなかったことですからね。そして北国の仙台のベランダに生えてきたというのも面白いです。↓は2006年の撮影です。ダンドボロギク 1 仙台 ベランダ  2006 8 22
奇縁といえば奇縁ですねぇ。
以上野草好きのゆたからしい蛇足でした。



長い記事をお読みいただきありがとうございました。



湯谷温泉 一泊 一人旅  その1

しばらく更新をしていませんでした。あるいはご心配をおかけしたかもしれませんけど、そうだったらごめんなさい。

じつは13日、14日と一泊旅行・一人旅に行ってました。
 宿泊地 湯谷温泉(愛知県、飯田線沿線)
 宿 湯の風 HAZU

どうして湯谷温泉か?
  それほど遠くなくて旅疲れがなくてよさそうだったから    結果 相当に疲れた(´・_・`)
  天気予報では当日雨は降らないようだったから  結果 予想より良かった(*^_^*)
  JR普通電車(乗り継ぎ)で行けるから  
  途中長いホームとか乗り換えのための長い距離を歩く必要がないから
  湯谷温泉駅は無人駅(!)でホームから階段を歩く必要がないから。 ホームを降りて
  すぐ駅前広場
  湯谷温泉駅からは宿の送迎の車があったから
  宿内部にはエレベータがあって階段を上り下りする必要がなくまた宿屋の規模が
  小さかったので長い廊下を歩かされることがないから
  蛍狩りができるから。 おぉ、蛍狩り! ぜひ行かなきゃ   しかし結果は  ・・・   
  新緑の渓谷美を楽しめる          結果 楽しめた(*^_^*)
  アユ料理が楽しめそうだから        結果 楽しめた(*^_^*)
などなどいろいろと調べたのでした。でもこれだけあればいかない方が不思議というほどですね。
実際どうであったかの一部も書き加えています。


とにかく最後だと思って行ってきました。よかったです。
でもちょっと寂しい。最後のことをし終えてしまったという気持ちからです。
    

   旅館 湯の風 玄関   ネットからお借りしてます湯の風 玄関 1 



部屋からの眺め宇連川 1 部屋から 2017 6 13 P1000133


明日(たぶん)続きをアップします。



便り

今日は少々シリアスともいえる暗い内容です。スルーされたほうがいいかもしれません。


最近家内が僕を呼んでいるような気がすることが何回かありました。
そして今日家内から便りがありました。次のような内容でした。


どうしたの?
なぜこっちに来ないの
早くおいでよ
なにぐずぐずしてるの
私が待ってるというのに

あなたは一人になって
淋しいって泣いていたりするけど
私も淋しいのよ
私も淋しくて泣いているのに
知らなかったの?
自分の気持ちだけの人なのね。前からそうだけど。
私のことを気遣うことがあまりなかったものね

あなたにはきょうだいとか親戚とかいるでしょうけど
お医者さんもいるし
でも私はこっちで一人なのよ
そりゃ父は母はいるのだけど
父はそっちにいるときと同じでアル中で酒乱だし
母はほとんど口をきかなくて黙ってるだけ
そっちにいるときと同じで3人の家族になってないのよ
私はとても淋しい

早くこっちにおいで
すぐこっちに来るって言ってたじゃない
どうしちゃったの?
そっちに未練があるんでしょ?
でも病気が進んでいるようね
嘆いてばかりいないでさっさとこっちに来ればいいのよ
そうすればまた二人で以前のようにこっちで暮らせるわよ
楽しいわよきっと

ね、早く来てね。お願いね






朗読とギターの饗宴

今日2回目の更新です。一つ目の方がまだの方はご覧になってください。その後この記事の方もご覧下さいね。

ときどきランチを食べにに行く「パン・カフェ  香炉」で「朗読とギターの饗宴」と称したイベントがありました。
企画・推進は慶応大学のフランス語講師の原山重信氏。朗読は山本學さん。ギターは兼古隆雄さん。
会場はカフェで入場者は40人ほどでした。狭い場所に目いっぱい椅子を並べてあり、もちろん満員でした。
会費は前売りで2,000円でした。

山本さんが「葉っぱのフレディ」を朗読して兼古さんが各節ごとに演奏しました。
山本さんの肉声の朗読が表情豊かでとてもよかったです。僕は最前列に座っていましたのでまじかに山本さんの演技(と言うのかな)を聞いてとても幸運だと思いました。

演奏・演技中は写真を撮れないので、その準備中に撮らせて頂きましたがよかったのかしら。
兼古さん兼古 ギター 1 アメーバブログ用 こうろ 2017 6 4 P1000115





山本さん山本さん 朗読前 1 こうろ ブログ用 2017 6 4 P1000112
ちょっと厳しいお顔です。





演奏・演技後 歓談二人 歓談 1 こうろ FC2ブログ用  2017 6 4 P1000120






観客の方とお話し中です山本さんと兼古さん 1 FC2ブログ用 こうろ 2017 6 4 P1000116





僕は山本さんとツーショットの写真を撮ってもらえました。握手もして頂きました。肉厚の手でしっかりと僕の手を握ってもらいました。山本學 香炉 1 FC2ブログ用 こうろ 2017 6 4 P1000119



なお観客の方および僕の顔は画像ソフトを使ってマスキングを施してあります。










墓参りにて

だいたい1月に1回の割合で墓参りに行っています。6月1日に行ってきましたけど例によってその近辺の写真を撮ってきました。

まずビワです
ビワ 実 1 2017 6 1 白洲町 IMG_0496
かなりの数が成っていました。よかったぁ。と言っても僕が採って食べられるわけでもないのですけどね。なんとなくよかったなぁって。人がいいんですね。



近寄って
ビワ 実 2 2017 6 1 白洲町 IMG_0497
まだすこし熟するのは先のようでまだ色が不十分かな。
スーパーなんかではもう売ってますね。
これでビワの追跡写真は終わることにします。あまり撮っているとビワ泥棒ではないかと見られるかも。




次はヒメガマ
ヒメガマ 今年の茎葉 1 白洲町 2017 6 1 IMG_0499
もう今年の新しい茎・葉が元気よくそだっていて去年の穂が隠れてしまっています。分かりにくいですがまだ残っているんですね。
そのうち今年の穂が見られるかもしれません。



キミガヨラン
やはりこのあたりで見たつぼみらしきものを前回撮りました。キミガヨランではないかと推測しましたが、やはりキミガヨランでした。
キミガヨラン 花 1 白洲町 2017 6 1 IMG_0501
右側の花茎は花が殆ど散ってしまっています。
「キミガヨラン」とはおめでたい名前ですが牧野富太郎博士の命名らしいです。キミガヨランと付ける一方「ヘクソカズラ」なんていう名前を付けたり、博士の思いのままの命名ですねぇ。昔のことですし、牧野富太郎博士が付けたということでそのままとおっているのでしょうか。




テイカカズラ   キョウチクトウ科  テイカカズラ属
墓参りの途中に道端でテイカカズラの群生を見ました。テイカカズラ 花 群生 3 神ヶ谷 2017 6 1 P1000106




もう少し近づいて
テイカカズラ 花 群生 神ヶ谷 2017 6 1 P1000107




さらに近づいて
テイカカズラ 花 1 大久保 2017 6 1 P1000078
花弁がプロペラ状に少しよじれています。これは夾竹桃の花でも同様です。
中央の黄色の模様がボタンの穴のようで特徴的ですね。




葉裏テイカカズラ 葉裏 1 大久保 2017 6 1 P1000085
ちょとピンボケ^^;
葉脈の模様がきれいかな。

気根があって岩とか他の木の幹に這って広がります。その点はキヅタににているのでしょうか。




クリの花が満開でした。クリ 花 満開 1 神ヶ谷 2017 6 1 P1000095
道沿いにクリの木はたくさんあってそれぞれが満開でした。今年は生り年のようで秋には安くて美味しいクリの実が食べられそうですね。



近づいてクリ 花 1 神ヶ谷 2017 6 1 P1000100
ここに写っているのはたくさんの雄花穂です。おしべがきれいです。



なおカメラは新旧とりまぜて撮っています。どの写真が新しいカメラとかの説明は省きます。まだまだ慣れていません。

久しぶりのアップ

しばらく更新をしていませんでした。先月の下旬に体調が悪くなって2、3日寝ていました。だんだん良くなって今は復調したのですが、体力の衰えとか体の痛みなどがあって写真も撮りに行けませんでした。あるいはご心配をおかけしたかもしれませんね。

昨日久しぶりに佐鳴湖東岸の景色を見に行ってきました。曇っていたのですが暑い直射日光がなくて僕好みの天気でした。

佐鳴湖東岸より西岸を臨んで。
佐鳴湖東岸から西岸を臨む 1 佐鳴湖東岸 2017 5 31 P1000067
新緑というより、もう緑が濃くなっています。




オオニワゼキショウが咲いていました。
オオニワゼキショウ 1 佐鳴湖東岸 2017 5 31 P1000073
萼に腺毛(?)があるのですね。知らなかった。



ヒナキキョウソウも同じところで咲いていました。
ヒナキキョウソウ 花 1 佐鳴湖東岸 2017 5 31 P1000075
なにかの冠毛が飛んできて花弁にくっついていますね。
花の色がいい色です。「キキョウ」の名に負けてませんね。



この3枚の写真は新しく購入したカメラ 「Panasonic DMC-TX1] で撮りました。体調が悪くなる前に購入したのですが、具合悪くなって机の上に置きっぱなしでしたし、これまでキャノンのカメラに馴染んでいたせいか操作が分からないので、昨日まで撮っていませんでした。
今日の写真のアップで新カメラのデヴューとなりました。どうぞよろしく。
DMC-TX1 カメラ 2017 6 1 IMG_0508


しかし、活用できるかなぁ・・・。宝の持ち腐れになりそうだなぁ。少しは使いましょうかね。
とにかく一眼レフ系は僕向きではないので、相変わらずのコンデジですが。でも撮像素子が1型MOSセンサーなのでG15より写真がきれいかも。

これまでのカメラ キャノンのG15と比較するのも面倒だなぁ。ま、そろりそろりと参ろうではないか、格さんや。



木の花

最近よくアップしている場所の近くで見た木の花たちです。
野草の群生、例えばニリンソウとかカタクリのようにわぁ~という風な咲き方はしませんが花に魅力がある点は同じですね。

カナメモチ  バラ科 カナメモチ属
カナメモチ 2017 5 17 姿 1 神ヶ谷 0377
ある神社の境内で咲いていました。満開です。




近づいて
カナメモチ 2017 5 17 花 葉 1 神ヶ谷 0378
葉が少し赤味を帯びています。
よく垣根に植えられている新芽・新葉が鮮やかな赤い木がありますけれど、ベニカナメモチ(レッドロビン)はこのカナメモチの交雑種だそうです。



アップで
カナメモチ 2017 5 17 花 4 神ヶ谷 0376



マユミ  ニシキギ科  ニシキギ科属
マユミ 2017 5 17 中景 1 大久保 IMG_0418
去年も咲いていたキリの花を撮りたかったのですがあまり花数が多くなく高い所で咲いていたので、その脇でしっかりと咲いていたマユミを撮りました。
以前に赤い実のマユミは見たことがあったのですけど、今回は花を見ることができました。分からなかったので質問掲示板の「このきなんのき」で質問して回答を頂きました。いつもありがとうございます。




近づいて   花序マユミ 1 2017 5 17 花序 1 神ヶ谷 0414
色は緑っぽいだけで派手さはありませんが、数で勝負ですね。




アップでマユミ 1 2017 5 17 花序 3 神ヶ谷 0416
形が端正で葯が黒くてよく見ると忘れがたいかな。




センダンセンダン 2017 5 17 開花 1 大平台 0248
センダンの大木です。僕が見た中では今までで一番の大きさでしょうか。形もいいですねぇ。
道路から見える所で咲いていました。霞んでいる如くでした。





近づいてセンダン 2017 5 17 花 1 大平台 0252
まだつぼみがかなりあって、僕はこの時期の花の方が満開時よりきれいかなぁといつも思います。
薄紫色は日本的でいい色ですよね。



初夏の頃には山の木々の新緑が映えています。
俳人 子規は次のようにその印象を句にしています。
  故郷やどちらも見ても山笑う
新緑がまぶしい山を「山笑う」というそうです。

山笑う山笑う 2017 5 17 新緑 花 1 大窪神社 0387
モクモクと火山の噴火口から噴出する噴煙のようです。もちろん色が全然異なりますが。どちらも大地のパワーを感じます。もしこの写真から電線とか樹の枝・幹とかを消して、色を黒っぽくすれば噴煙の如くです。山「笑う」というレベルではなくなってくるかもしれません。
風景を写すとどうしても電線・電柱。送電線・送電塔・TVアンテナ・民家・人・車などなど意図した画像には写ってほしくないものが写ってしまいます。残念ですが。
なお空は薄曇りのせいで青くなかったです。




もう一枚山笑う 2017 7 17 花 2 大窪神社 0391
おそらく、たぶんツブラジイの花だと思います。
山には新葉の緑だけでなく木の花も咲いています。


ブタナ  え?ブタナってなに?

定期的に行っている病院の駐車場の隅などでブタナが咲いていました。タンポポに似た黄色の花で、タンポポよりやさしい雰囲気があり黄色もタンポポより穏やかな黄色のように思います。タンポポより好きかなぁ。


ブタナ(豚菜) 別名(タンポポモドキ)  キク科 エゾコウゾリナ属
帰化種  日本には昭和初期に渡来

狭い植栽に咲いていました。ブタナ 2017 5 18 群生 1  医療センター駐車場 IMG_0474茎が長く地面から高いので遠くから見ると宙に浮いているようできれいです。
ブタナという名前ですけどヨーロッパの一部地域では豚肉料理に添えるサラダ菜として使われているようです。けれども豚が好んで食べているのも事実らしいです。よくわかりませんです。



まだ咲きだしたばかりの花
ブタナ 2017 5 18 花 斜め上 1 医療センター駐車場 IMG_0476
ブタナは舌状花だけの花で、咲きだした段階の花では中央にまだ開花してないつぼみの状態の舌状花がかたまっています。
頭花は舌状花だけというのはタンポポと同様です。




斜め上から
ブタナ 2017 5 18 花 斜め横 1 医療センター駐車場 IMG_0481花の大きさは4cmほどです。
たくさんの舌状花が集まっているのですけど、一つ一つの舌状花の花弁は、一枚に見えますがじつは5枚の細長い花弁が合着して1枚のように見えるそうです。先端にギザギザがありますけれど、注意深く観察するとすじがあって元は5つに分かれていたのが分かります。



横からブタナ 2017 5 18 花 横 1 医療センター駐車場 0492





アップして
ブタナ 2017 5 18 花 横 しべ 1 医療センター駐車場 IMG_0491
めしべは一個ですが先端は2裂してカールしていますが。このことはキク科に共通のことのようですね。




総苞片に毛が生えてますねぇ
ブタナ 2017 5 18 総苞 1 医療センター駐車場 IMG_0493
各総苞片に縦1列だそうですが、この写真では分からないですか。
上部先端部に黒っぽい櫛のような鋸の歯のようなものがありますが。どうということでもないかな。



つぼみ
ブタナ 2017 5 18 つぼみ 1 医療センター駐車場 IMG_0488
なんだか可愛いなぁ。毛がきれいです。つぼみを包んでいるのは総苞片(複数)です。





ブタナ 2017 5 18 茎 1 医療センター駐車場 IMG_0487
茎にはふつうの葉が生えていません。↑のつぼみにも写っていますが退化した鱗片状のものがくっついています。
どうぜ退化するなら無くなってしまってもいいのに、ちょっと未練がましく鱗片状で残っているのも面白いというか・・・。




さてブタナは仙台にいたおり、贅沢な住宅街の近くの道路脇の道路と住宅街とを隔てる遮音のための緩衝地帯(斜面)で群生していたのを思い出します。
ブタナの群生 1 2007 6 2 仙台 桂 IMG_3628
この写真は群生のごく一部で、道の両脇の少なくとも100mはこのように群生が続いていてとてもきれいでした。

だいたいブログというのは「今」を発信する手段のように思いますけど、僕のような年齢になりますと懐古的になって、あぁブタナは仙台で群生を見たなぁ、懐かしいなぁという気持ちを無視できなくなってしまってますので、その点ご了解頂けたらと思います(やや笑)。

プロフィール

ゆたか

Author:ゆたか
「ゆたかのブログ 2」へようこそ!
72歳 男 浜松市在住
病身なので更新は時々です。
なお植物の写真を載せていますがとにかく素人なので植物の名前は正確とは言えません。
小説も書くこともあります。
よろしくお願いいたします。

訪問者 カウンター

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

ブログ村

人気ブログランキング